新型(豚)インフルエンザ と マスク - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

新型(豚)インフルエンザ と マスク

新型インフルエンザ こちらでは、 Grippe A (H1N1)
グリップ ア、(アッシュ アン エヌ アン) と、呼ばれています。
現在パリの空港では、メキシコ、米国から到着した飛行機の乗客については、免疫検査等を行ってますが、日本からの便の乗客への措置は特にないそうです。(*この手の空港関係の最新情報は、ご利用になる航空会社で得られると思います)
もしも、もしも、パリの旅行中に 何か それらしき(?) 体調の変化があっちゃったとしたら、海外障害保険に加入してる場合は、まずはそちらにご連絡を。
あとは、日本語の通じる アメリカン ホスピタル へ。
TEL 01 46 41 25 15
(ま、こちらは保険会社が紹介する病院でもあるのですが)
また、こちらの在フランス日本大使館では随時情報を更新しています。
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/
↓ で、このインフルエンザ対応のマスク
1409012077s_1.jpg
ちょっと前の鳥インフルエンザの時も、マスクの効用についてマスコミが話題にしてましたが、こんな頑丈のマスクでなくても、こちらでは、実生活において、たとえば、風邪を引いた等でマスクを利用する人は皆無です。
感覚でいうと、マスクをしてる人は 「予防とかでなく、その本人が重病人と思われる。」ってフランス人が教えてくれました。「試しにして歩いたら?皆から見られると思うよ。」 とも。
そういえば、日本を旅行したイタリア人からは、日本人のマスク姿を見て、「銀行強盗かと思った」とからかわれたし。
このまま馴染みのないもので終わってほしいものです。


Filed under: その他 — stw-eur 11:30 PM

ページTOPへ