2011年5月1日の前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の「列福式」 - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

2011年5月1日の前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の「列福式」

2011年5月1日に前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世を「福者」とする認定式が行われます。

 

「福者」とはカトリック教会の中では、「聖者」の次の位とされ、世界で大いなる活動をされた偉大な法皇に送られるものです。「福者」への調査の手続 きは、通常死後5年経ってから行われるとされていますが、ヨハネ・パオロ2世は異例な速さで、死後6年後に「福者」に認定されることになりました。

 

その理由として、難病の人の病気を治癒したという「奇跡」を起こしたとか、世界中の人々から愛されていたからということも言われています。確かに、少なくともイタリア国内の人々からは深く愛されていました。

 

式の行われる5月1日には、ヨハネ・パウロ2世の出身地であるポーランドから数万人という信者がローマを訪れると言われており、欧米からも数十万人がこの式典に参加、また見学に訪れるとされています。

この日の前後の4月29日から5月3日までは、既にいくつかのホテルで満室になっており、宿泊の規制がされているようです。恐らく、ローマ郊外を含め、5月1日前後はローマ中のホテルが満室になるでしょう。

 

日本では、ゴールデンウィークという旅行のシーズンですが、ローマにお越しの方は早めの予約をお勧めします。

 

イタリア現地スタッフより


Filed under: イタリア,イタリア現地スタッフより — root 12:19 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ