夏のローマでは、野外オペラがお勧めです - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

夏のローマでは、野外オペラがお勧めです

暑いローマの夏のイベントといえば、やはり「野外オペラ」ですね。

ローマ・オペラ座のカラカラ浴場での夏のオペラ・バレエのスケジュールが決まりました。

世界遺産のカラカラ浴場を舞台に、7月2日から8月10日にかけて開催されますので、一度体験してみてはいかがですか?

 

 

<2011年度 カラカラ浴場公演スケジュール>
コンサート『レスピーギ・ローマ三部作Trilogia Romana』 ・・・ 7月2日

 

バレエ『白鳥の湖 Il lago dei cigni』 ・・・ 7月7, 8, 9,13,16, 20日

 

オペラ『トスカ Tosca』 ・・・ 7月21, 24, 28日、8月3, 5, 10日

 

バレエ・ガラ『ロベルト・ボッレと仲間達 Gala Roberto Bolle and Friends』 ・・・7月23日

 

オペラ『アイーダ Aida』 ・・・ 8月2, 4, 6, 7, 9日

 

今年の公演は、7月2日のレスピーギによる交響詩(ローマの泉、ローマの祭り、ローマの松)の演奏を含む『ローマ三部作 Trilogia Romana』のコンサートから始まります。このコンサートは、世界的に有名な指揮者シャルル・デュトワがローマ・オペラ座オーケストラで初めてタクトを振るということで、大変注目されています。

 

また7月7日~20日は、ガリーナ・サムソヴァによる素晴らしい振付のバレエ、チャイコフスキー作『白鳥の湖 Il lago dei cigni』が行われます。またオーケストラ指揮にはアンドレイ・アニハーノフ、舞台装置・衣装にはアルド・ブーティ、主役にアレッサンドラ・アマート、イゴル・イエブラを迎えます。

 

そして7月21日~8月10日の『トスカ Tosca』、8月2~9日の『アイーダ Aida』では、特に1800年代~1900年代のオペラ・シンフォニー楽曲のレパートリーを持つ、世界の主要な舞台で認められた若き指揮者アッシャー・フィッシュが指揮を務めます。

 

一方、バレエファンに是非お勧めしたいのが、7月23日は『ロベルト・ボッレと仲間達によるバレエ・ガラ』の公演で す。スター、ロベルト・ボッレを中心に、アリシア・アマトリアン、イリ・ブベニチェク、ルチア・ラカッラと言った、世界中の優秀なダンス・カンパニーから 集まった国際的にも誉高い若きダンサーが脇を固めています。バレエと言う芸術の名の元、一晩のうちに同じ舞台で、今日最も有名なバレエダンサー達が、テク ニック・流派・スタイルの並はずれた対決をさせながら、友好的に“競演する”姿を観賞することができる、唯一無二のチャンスです。

 

 

チケット代金
アレーナ 135ユーロ
Aセクション 85ユーロ
Bセクション 60ユーロ
Cセクション 25ユーロ
*チケットは6月3日より発売。 詳細はwww.operaroma.it もしくは+39.06.481601へ。

 

(情報提供:イタリア政府観光局)

 

イタリア現地スタッフより


Filed under: イタリア,イタリア現地スタッフより — root 10:33 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ