そうだ スペイン行こう+(ノ´▽`)ノ++ トレド編 - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

そうだ スペイン行こう+(ノ´▽`)ノ++ トレド編

●マドリッドから近郊の街に足を伸ばしましょう第二弾●
今回はマドリッドから超行きやすいマドリッド南部の近郊都市、トレドを紹介します!

トレド
世界遺産の街。トレド。マドリッドからは鉄道で1時間もかからず気軽に行けちゃいます。エルグレコの過ごした街としても有名です。中世の雰囲気を今に残す かつての西ゴート王国の首都です。首都がマドリッドに移るまでずっと政治や経済の拠点だったため、「16世紀で歩みを止めた街」なんてオサレなネーミング もあったりなかったり・・・。コンスエグラとはまた雰囲気の違った素敵な街です!
 
 
城壁のような門を越えて中に入ればそこは可愛い町並みが広がっています。ただ道が結構入り組んでいるので地図ははずせないかも・・・。また、右下のステンドグラスはトレド駅舎内のもの。さりげないお洒落感がヨーロッパっぽいですよね(^ω^)

そうそう!あと忘れちゃいけないのがトレド名物です。【マサパン】と呼ばれる13世紀ごろから伝わる伝統菓子です。アーモンドと蜂蜜を練りこんだ お菓子。マジパンぽい感じの伝統菓子です。一番有名なのは19世紀頃創業のサントトメというお菓子屋さん。ガイドブックにものっていますし、1個からでも 購入できるので、トレド記念におひとついかがでしょうか!(^ω^)

【行き方】マドリッドから列車で3、40分程度。日帰り観光にはもってこい!の好立地です。コンスエグラからもトレド行きのバスが出ています。鉄道駅から街中までは歩いて10分弱。バスターミナルへもそのくらい。
【見所】やっぱり街並みを堪能してほしい!これにつきます。中世の街並みを今に残す素敵な街並みなので是非、散策を。カテドラルや広場、エルグレコゆかりの建造物等見所もたくさんです。また街をめぐる観光バスも走っているので活用してみてください。
【お勧めプラン】小さな街なので半日観光もしくは、いっそパラドールに宿泊して高台から世界遺産の街並みをゆっくり眺めるのがお勧めです☆

それでは次回はマドリッド北部の近郊都市、セゴビア、アビラをご紹介します♪

新千歳発!マドリッド滞在プランはこちら

 

札幌支店スタッフより


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ