大晦日のディナーはここで。 - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

大晦日のディナーはここで。

以前、このブログで紹介した CAMPO CAFE  日本で暮らしていたことのあるレイモン氏と日本女性ショウコさんご夫婦のカフェは、この11月に、さらにパリ中心部に移り、新たに店を構えました。 ↓古くからオーベルジュ(レストランを備えたホテル)として何代も経営者を変え、時代を見つめてきた建物は17世紀のもの。

 

img2.jpg

 

↓現在、名前は、その名も L'Auberge Cafe (オーベルジュカフェ) 

 

CIMG1730.jpg

 

↓馬で移動してた時代は馬房であり、今でも馬繋ぎ跡を残す奥の部分は、お肉を直火でグリルする暖炉が置かれています。

 

CIMG1849.jpg

 

↓2階建ての上の部分は、たっぷリ木の梁を残すパリジャンスタイル。天井が低いのは、当時の人は背があまり高くなかったからとか・・・

 

CIMG1721.jpg

CIMG1723.jpg

 

ノンストップ営業で、ちゃんとしたお料理は、昼、夜に。 ↓例:日替わりのお昼メニュー、前菜(左)メイン(右)で、13.5 euros 

 

CIMG1844.jpg

 

 

CIMG1847_20091220053414.jpg

 

↓昼から夕方のお茶タイムには、カフェと3つのスィーツがセットのカフェグルモン 8 euros を。

 

CIMG1852.jpg

 

お薦めは、大晦日スペシャルディナー  12月31日に外でディナーをする場合、ちょっとしたお店でも、特別ディナーコースが設定され、予約が必要となります。 「観光客チックなところじゃない、パリっぽい雰囲気のお店で、でも予約の電話は気軽に日本語で!」 が、ここでは、叶います。

↓こう見えて日本語対応OKのレイモン氏

 

CIMG1851.jpg

 

大晦日は、ジャズバンドもはいり、シャンパン、前菜(2種)、メイン、デザートで 85 euros  普段の金、土曜日はパリではめずらしく、魚介類たっぷりのブイヤベースがメニューに加わります。また、近くシャトレ劇場がはねたあとの腹ごしらえに立ち寄る人にはオニオンスープ、ちょっと観光客を意識したエスカルゴ料理、昼のビジネスマンへは、リーズナブルの価格とサーブのスピードを。以前のカフェの常連さんもこちらに移ってくるのが納得の、気軽なカフェと本格的なお料理が楽しめるところです。

 

CIMG1728.jpg

 

L'AUBERGE CAFE ADD:4 RUE BERTIN POIREE 75001   メトロ ①④⑦⑪⑭ CHATELET  月、火 9:00 ~18:00  水,木,金,土 9:00 ~ 02:00 日 9:00 ~ 17:00 TEL 01 43 29 01 22 OK **フランス語が聞こえても「もしもし」と言ってみましょう。 www.auberge-cafe.com


Filed under: グルメ — STW 12:34 PM

ページTOPへ