パリで英国マダム?気分 - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

パリで英国マダム?気分

「イギリスに行く時間がないので、パリでアフタヌーンティー(=ハイ ティー)したい。」
こんなご要望を受け、食通の友人から情報を得て、さっそく体験!
場所は ブリストルホテル内 の サロン ド テ
CIMG1991.jpg
このサロンドテの名前は、「特に無い」、と、言われてしまいましたので、
まぁ、とにかく、ホテルに入って右手にあるティーサロン&バーです。
サロン内に上品に飾られているこの絵画、ルーヴル美術館のオークションで競り落とした物だそうで、「マリーアントワネットの肖像画」です。
CIMG1990.jpg
迷わず <テ コンポゼ >(32ユーロ)を注文します。ティーはメニューからお好みを選びます。特別ブレンドの物が変わっていてお薦めです。
登場!感動の3段式!
CIMG1986.jpg
すべてのガトーに金粉が ひら~り 


CIMG1992.jpgCIMG1994.jpgCIMG1993.jpg

街の有名サロンドテでもアフテヌーンティ的なお茶を楽しむセットを出すところもあるのですが、スタンドはなく、順番にサーブされる形式となるらしく、今回は、英国式を意識して、この3段式スタンドをポイントに探してみました。
他には、Four Seasons Hotel George V 、RITZ などのやはりホテル内。
BRISTOLと同じように、連日15-17時までのメニューのようです。
ちなみにBURISTOLは毎週土曜日に、同じサロンドテで予約制のファッションショーをやっていてるので、もし、ふらっと、アフタヌーンティだけ楽しみたいなら、土曜日以外の日がよさそうです。
Hotel Le Bristol Paris
112, rue du Faubourg Saint-Honore 75008
TEL 01 53 43 43 00


Filed under: グルメ — stw-eur 5:28 PM

ページTOPへ