イベント - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

ヨーロッパにはサンタクロースが2度くる地域がある!?

みなさんこんにちは。

クリスマスをすぎてしまいましたが、今回はサンタクロースの由来になったと言われている、

サンニコラ(聖人ニコラ)についてのお話です。

みなさん、サンニコラのお祭りというのはご存知ですか?

ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイス、フランスの北東部を中心に12月6日に行われている、子供のためのお祭りです。

よく、いい子にしているとお菓子がもらえるなどといわれるそうですが、各地によってそのお祝いの仕方は違うようで、

花火やパレートなどが行われます。

11月の下旬や12月になると街はお菓子屋さん・ケーキ屋さんではサンニコラを模ったクッキーやチョコレートなどが店頭に並びます。

三角の帽子をかぶって、長い白いひげの姿・・・みんながイメージするサンタクロースの姿にそっくりです。

なぜ、サンニコラがサンタクロースのモデルになったかというと、17世紀にアメリカに渡ったオランダ人がこのお祭りを伝え、

今のサンタクロースの姿になったそうです。

オランダ語でサンニコラはシントクラース(Sinter Klaas)、これが英語でサンタクロース(Santa Claus)となったのです。

サンニコラの伝説は色々あるようですが、フランスで私が聞いた伝説はちょっと怖いこんなお話でした。

道に迷った3人の子供が肉屋に宿と食べ物を求めましたが、悪い肉屋は子供達を殺し、ソーセージ用の

肉にするため樽に入れ塩漬けにしてしまいました。

その後、サンニコラが店に現れ、誰も知るはずのない子供の肉のソーセージを求めたので、恐くなった肉屋は逃げて行き、

サンニコラが子供達が助け出し、生き返らせました。私がフランスのランス・メッスで見た、サンニコラのお祭りは花火とともに、

この伝説が映像で流れていました。

クリスマスと日にちが近いことで、このお祭りがなくなってしまった地域もあるようですが、

フランス北東部などではまだ残っています。ということは、12月はサンニコラとサンタクロースから2度もプレゼントがもらえる、

子供たちにとってはうれしい月になるわけですね!

Filed under: イベント,ヨーロッパ — stw-eur 7:45 PM

ページTOPへ