観光地 - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

マラケシュでモロカン雑貨ざがし

先日、夏休みを利用してモロッコ・マラケシュに行ってきました。

 

モロッコの人や物、文化が集まる赤い街「マラケシュ」はフェズに次いでモロッコで2番目に古い街。

街は大きく新市街、メディナ(旧市街)、史跡地区の3つに分けられています。

建物はすべて日干しの赤レンガで造られており、街全体が赤い印象。

メディナの中心はジャマ・エル・フナ広場で、屋台や大道芸人が出てとにかくにぎやかです。

この広場の北側にあるスークは世界最大ともいわれていて、道の両側には店がズラリと並び、衣料品から家具、皮革製品、陶器までさまざまなものが売られています。

 

そんなスークに「ひとりの旅人」が身も心も吸い込まれてしまいました、、、、、。

 

まずはこちら↓

 

 

いわゆる「タッセル」のお店です!「タッセル」って、あ~~~、カーテンを束ねておく紐のようなものですね・・・。

女の子の間ではこの「タッセル」をバッグにつけたりするのがはやっているようなのです。

下の写真のとおり、色鮮やかで大小さまざまのタッセルがずらり!

 

1つ10モロッコディナール(約100円)からあります。もちろん、まとめて買うときは料金交渉をお忘れなく!!

 

 

次に向かったのは、「バブーシュ」という天然の革製のスリッパやサンダル。

スークで売られているバブーシュには天然の革製もあれば、いわゆる「ニセモノ」もあるそうで、その見分け方はズバリ「嗅覚」!

ニセモノは革っぽい獣のようなニオイがして、ホンモノはニオイはないのだそう!

 

 

そして、そして、ついに値切り交渉開始!!

 

 

言葉巧みに言い訳をしやがるアラブ商人・・・。ゲーム感覚で値切りの交渉が延々と20分!!!

結局、定価2つで300モロッコディナールのところを、200モロッコディナールでゲット!もちろん、ホンモノの天然の革製ですよ。ニオイもまったくしません!

日本円で約2,000円というところでしょうか。。。  あ~疲れた。。。。。。。。。。。

 

スークにある店には値札がついてないので、まずは「これ、いくら??」からのスタート。

そして、そこから始まる料金交渉。。。。先に折れたほうが負けですよ。短気な方にはこの交渉は向きませんのであしからず。。。

 

 

そして最後に向かったのはカゴ製のバッグ屋さん。フランス語で「パニエ」というらしいです。

 

 

ハンドメイドのカゴのバッグがズラリ!

こちらは1つ300モロッコディナール(約3,000円)からあります。

 

 

迷路のようなスークを歩き続け、ありとあらゆるお店のハシゴ!

あ~~~ツカレタ。。。。。ホテルに帰ろう!!

そして、そして、スークの喧騒に疲れたら、ホテルのハマムでココロとカラダをリセット!

 

 

そして、そして、「リヤド」と呼ばれる邸宅風のプチホテルでお昼寝。。。。。

 

 

そんなスロースタイルの旅、いかがですか??

 

モロッコのツアー、お問い合わせはこちら↓

 

http://stworld.jp/earth_info/MA/?utm_source=stw&utm_medium=flash&utm_campaign=top

 

 

【おまけ】昔、実家で飼っていた「茶トラ」のオス猫。こんなワンショットにも癒される、そんな場所。マラケシュ。

たまに行くなら、こんな旅もオススメです。

 

Filed under: モロッコ,観光地 — stw-eur 3:54 PM

彷徨いの迷宮都市 第1章

こんにちわ。

モロッコの街歩きついてご紹介させていただきます!!

日本で有名なのはマラケシュ、フェズです。最近はNHKの旅番組などでも取り上げられているので、馴染みがあるかと思いますが、街歩きをするだけでもたのしいです。

こちらは夜のマラケシュです。街の真ん中にはクトゥビアというモスクがあります。

メディナは世界遺産ですが、現在でも人々が生活をしています。中世に迷い込んだような時空を越えた体験が出来るのがモロッコです。

Filed under: モロッコ,観光地 — stw-eur 7:40 PM

砂漠と宇宙~モロッコ

こんにちは!

今回はモロッコを舞台に 砂漠の世界 へご案内いたします。

まずはメルズーガの大砂丘。

エルフードという町から らくだで2時間。

最初に砂丘を見たときは、映像? というくらいの信じられない光景に ビックリ してしまいます。

自分たちの影も絵になります。

ラクダにのって移動しているのですが、途中で野生のらくだちゃんにも遭遇します。

ここで1泊したのですが、写真にとることのできない砂漠の夜のお話をしようと思います。

無数にある星が地上から昇って地上に沈む 360度が宇宙 という光景はみたことがありますか?

砂の上に仰向けになっていると、上を見ているようなのですが、もしかしたら自分が地球にぴったりくっついて宇宙が真下にあるのかもしれないという不思議な感覚になって、地球から宇宙へ落っこちそうになります。

そして、ふとした瞬間に砂にしがみついてしまうのですが、砂はつかめません。

ちょっと怖いのですが、こんな面白い感覚を味わえるのは 砂漠 だけ! ですね。

特に夜中の4時くらいの星が、一番数が多くて綺麗です。

あっちこっちに流れ星も流れます。

砂漠とセットで観光していただきたいのは、メルズーガ砂漠とマラケシュの間にある街、ワルザザードから西に33キロ。

アイトベンハッドゥという村です

アラビアのロレンスやハムナプトラなど映画が撮影されたところでもあります。

途中のダデス渓谷は本当に素晴らしいです。

深い岩と岩の間の隙間にあるホテルに泊まったり….

砂漠までの道のりは険しいですが、写真では迫力が伝わらないので、実際に足を運んでいただきたいです

美しい砂漠の日の出。

*STW Yokohama  Ito Aya*

Filed under: モロッコ,観光地 — stw-eur 3:30 PM

ページTOPへ