ウィンダミア(イギリス) - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

まだまだ間に合う、湖水地方の旅~

皆さん、こんばんは。

イギリス担当の丸山と申します。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
今回は第一弾といたしまして、一番ホットな話題をご提供いたします。一番ホットな話題といいますと、そう、「湖水地方~Lake District~ 」でございます。

スローライフを求める旅が流行ってきておりますが、ロンドンから少し足をのばし、澄み渡る湖、雄大な山々、石造りの家々、草をはむ羊たち、、、そんなのどかなイギリス田園風景の中で、心も体も癒されませんか?

湖水地方への行き方はヴァージントレインに乗って、約3時間半。湖水地方の玄関口であるウィンダミアという駅で下車をし、いよいよ旅行の始まりです。

一番の見所は、何と言っても「ピーターラビット」の著者、ビアトリクスポターのゆかりの地を巡ることです。2007年に映画化もされた「ミス・ポター」。イギリスは文豪と切っても切り離せない文学の地。ポターもこの大自然に心癒されながら、おちゃめでゆかいなピーターラビットを生み出したのです。

「The World of Beatrix Potter(ビアトリクス・ポターの世界)」では、ポターのお話全23話が各部屋ごとに再現されております。お話をテーマとしたティールームやショップも充実しておりますので、これを機会に是非訪れてみてはいかがでしょうか。

次にご紹介するのが「Hill Top(ヒル・トップ)」です。
ビアトリクス・ポターが初めて購入した農場となっております。彼女の遺志を受け継ぎ、部屋や調度品、彼女が愛用していた数々の貴重品が、当時のまま保管されております。

次にご紹介するのが、「Lindeth Howe Country House Hotel(リンデス・ハウ・カントリー・ハウス・ホテル)」です。かつてビアトリクス・ポターが家族と休暇を過ごすために借りていた邸宅が、現在ホテルとしてどなたでもご宿泊可能となっております。

ここのホテルこそ、実は弊社で最も人気のあるホテル。ポターの父ルパートが撮った家族写真が家中に飾られ、約7000坪のガーデンは素晴らしく、部屋からはウィンダミア湖を臨めるロケーション。ポターファンであれば是非行きたいところですね。

湖水地方の魅力は十分ご理解していただけましたでしょうか。
ヒルトップ農場は10月末~来年の2月まで休館となりますので、行くなら今しかありません!弊社ではまだまだ湖水地方のご予約を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Filed under: ウィンダミア(イギリス) — stw-eur 9:39 PM

ページTOPへ