2007 July - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

定着したパリの新しい風景

レンタルサイクルサービス 「Velib」
IMG_3167.jpgこんな駐輪場がパリ市内に現在750ヶ所できて、年末までには約1450ヶ所まで増える予定だそうです。一箇所で自転車を借りて、別な駐輪場に返却。返却したい駐輪場が満車でも、すぐ近くに別の駐輪場があるので問題なさそう。30分は無料。それ以降は有料。(次の30分で1ユーロ、1時間半2ユーロ、2時間4ユーロ ちなみに年間登録も有)

駐輪場は無人で、この機械で手続きをします。カード決済なので、30分以上利用したら、引き落とされます。それと、利用者の破損などの補償金150EUROも、カード決済となります。
旅行者の利用も多いようです。ちょっとした移動には便利そうですね。
注意としては、自転車の走行は自転車専用道路か、車道のみ。歩道を走ろうものなら、歩いているマダム、ムッシューから「歩道は走行禁止だよ!」と、きびしくつっこまれます。


Filed under: その他 — stw-eur 7:12 PM

モンマルトルのケーブルカー

131-3115_IMG.jpg長い階段を上がればそこはモンマルトルの丘に建つ、サクレクール寺院。頂上からの眺めも格別。天気のいい日は芝生で日光浴と眺望が楽しめます。(日本では、アンチ日焼けが多数でしょうが、パリではまだまだ日焼けはヴァカンスのシンボル、しみ、しわも優雅な夏のヴァカンスの勲章のごとく、競って日焼けしてます。もっともこの界隈で見る人はほとんど、外国からの観光客ですが)

131-3113_IMG.jpgさて、去年の冬から運休していたモンマルトルのケーブルカーのひとつが復活しました。これは、メトロ2号線、ANVERS(アンヴェール)駅のそばのケーブルカー=フニクラーレ 階段を使わず、頂上まで運んでくれます。メトロ券で行けます。
(1.5EURO。)

そういえば、このフニクラーレ、結構、ジプシーとかスリがいるんです。時間によって、ぎゅうぎゅうで乗っていても、みんな、外の景色に夢中で、バックの注意がおろそかになるのを知ってるんですね。案の定、撮影中に女性ジプシーを見ました。もちろん、切符なんか買わずに、改札のバーをくぐり抜けて、ケーブルカー待ちの人の中に消えていきました。彼女らの出勤風景だったのか・・・。

Filed under: 観光地 — STW 8:25 PM

無料新聞

フランスでは新聞を自宅宅配で定期購読する人はごくまれで、一般的には、自分でキヨスク等に買いに行きます。そういう事情もあって、新聞の発行部数を日本のそれと比べると、極端に少ないそうです。(例えば、日本の有力紙とフランスの有力紙を比較すると、 読売新聞1000万部、朝日800万部 VS ル・フィガロ32万部、ル・モンド31万部 by 日経ビジネス)
さらに発行部数の減少に拍車をかけるのが無料新聞の存在。当初考えれれていた「広告収入だけでは、長期継続は難しい」とされながらも、手軽に読める無料新聞は人気上昇中。ついに、最近はル・モンド誌も有料新聞の経営を支えるために、この無料新聞の世界に参入してきました。
さて、さて、旅行者にとって、新聞は「読めないから、いらない。」と、なりがちですが、せっかくですから、手に入ったら、中を見てください。そうそう、天気予報欄は、利用価値があるのでは?絵が描いてあるから、読むというより、見ればいいし。最近は天候も変わりやすいので、いざとなれば新聞がとっさの傘代わりになるかも・・・?
無料新聞は地下鉄などにおいてあったり、
130-3077_IMG.jpg

人が配っていたりします。
130-3081_IMG.jpg

欲しければ何部でもどうぞ。
20minutesMetro (ヴァン ミニュッツ),Metro(メトロ), MATIN PLUS (マタン プリュス)等があります。

Filed under: その他 — STW 7:25 PM

ページTOPへ