2010 December - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

ヨーロッパにはサンタクロースが2度くる地域がある!?

みなさんこんにちは。

クリスマスをすぎてしまいましたが、今回はサンタクロースの由来になったと言われている、

サンニコラ(聖人ニコラ)についてのお話です。

みなさん、サンニコラのお祭りというのはご存知ですか?

ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイス、フランスの北東部を中心に12月6日に行われている、子供のためのお祭りです。

よく、いい子にしているとお菓子がもらえるなどといわれるそうですが、各地によってそのお祝いの仕方は違うようで、

花火やパレートなどが行われます。

11月の下旬や12月になると街はお菓子屋さん・ケーキ屋さんではサンニコラを模ったクッキーやチョコレートなどが店頭に並びます。

三角の帽子をかぶって、長い白いひげの姿・・・みんながイメージするサンタクロースの姿にそっくりです。

なぜ、サンニコラがサンタクロースのモデルになったかというと、17世紀にアメリカに渡ったオランダ人がこのお祭りを伝え、

今のサンタクロースの姿になったそうです。

オランダ語でサンニコラはシントクラース(Sinter Klaas)、これが英語でサンタクロース(Santa Claus)となったのです。

サンニコラの伝説は色々あるようですが、フランスで私が聞いた伝説はちょっと怖いこんなお話でした。

道に迷った3人の子供が肉屋に宿と食べ物を求めましたが、悪い肉屋は子供達を殺し、ソーセージ用の

肉にするため樽に入れ塩漬けにしてしまいました。

その後、サンニコラが店に現れ、誰も知るはずのない子供の肉のソーセージを求めたので、恐くなった肉屋は逃げて行き、

サンニコラが子供達が助け出し、生き返らせました。私がフランスのランス・メッスで見た、サンニコラのお祭りは花火とともに、

この伝説が映像で流れていました。

クリスマスと日にちが近いことで、このお祭りがなくなってしまった地域もあるようですが、

フランス北東部などではまだ残っています。ということは、12月はサンニコラとサンタクロースから2度もプレゼントがもらえる、

子供たちにとってはうれしい月になるわけですね!

Filed under: イベント,ヨーロッパ — stw-eur 7:45 PM

フェラーリワールド in Abu Dhabi

先日、ドバイ首長国の隣に位置するアブダビ首長国の「フェラーリワールド」に行ってきました。フェラーリのエンブレムをかたどった巨大な建築物の中にある屋内テーマパークです。

ここは、2009年10月29日のF1アブダビグランプリにあわせてオープンいたしました。敷地内には、フェラーリ関係の展示物はもちろん、ジェットコースターまであり、アブダビの中ではめずらしく思いっきり遊べるスポットです。ここは、アブダビ中心部からクルマで30分ほどのヤス島と呼ばれている島の中にあります。周囲にはマリーナサーキットと呼ばれるサーキット場があり、なんとサーキット場の中にホテルまであります!

クルマ好きではない人でも、「ファラーリ」という名前は一度は聞いたことがあると思います。私は個人的にクルマが好きなため楽しむことができましたが、クルマ好きではない方も徐々に興味を惹かれるような空間が「フェラーリワールド」にはあると思います。「ファラーリ」は、ただの移動手段のためのクルマではないため、世界の数ある自動車会社の中でも特別な存在です。

急成長するドバイの影に隠れて、日本ではあまり知られていないアブダビですが、徐々に高層ビルが立ち並び始めており、発展の軌跡をはっきりと見ることができます。アブダビに行くのはドバイに行ってからになる方が多いと思いますが、ぜひたずねてほしい場所だと思いました。

ドバイのツアーはこちらから↓

http://stworld.jp/tour_search_f2/#/?homenG=ME&homen=AE&city=DXB&dep=NRT&page=1

Filed under: ドバイ,観光地 — stw-eur 11:30 PM

雑貨天国★イスタンブール

トルコのイメージは世界遺産・・・と思われがちですが、イスタンブールにはかわいい雑貨がたくさんあります♪

今回はイスタンブールで人気の買い物スポットをご紹介します♪

 

○グランドバザール

イスタンブールの巨大市場「グランド・バザール」は、4000もの店が迷路のように立ち並ぶ買い物天国。欲しいものは全部ここで手に入ります!ただし、自分がどこにいるのかわからなくなって、迷子になる可能性も高いので、自分の最寄の出口を必ず決めておきましょう。
基本的に、お店に値札はついていないため、全て、言い値からの交渉です。だいたい安くなります!
 

      

 

 

○オルタキョイ

土日に開催されるオルタキョイのウィークエンドマーケットは、カップルや女子大生でいつもいっぱい!外側を1週しても15分ほどという小さなエリアに、アクセサリーショップや露店、カフェがぎっしり。その数およそ100件!

まず、旧市街から、オルタキョイへは、トラムとバスを乗り継ぎます。

①トラムに乗るには、ジェトンと呼ばれるコインを購入します。日本のパスモやスイカに似たアクビルと呼ばれるシステムもありますが、観光客は、ジェトンを利用することが多いです。トラムの値段は、均一で1.5TL。駅付近のスタンドもしくは、機械で購入します。
②コインを購入したら、改札へコインを入れ、いざトラムへ。
③終点のカバトスで降りた後、カバトスから22,25Eのバスでオルタキョイへ。バス乗車時に、1.75TLを支払い、アクビルにて乗車します。

 
      

 

○新市街

イスタンブールの最先端スポット新市街でお買い物をするため、2006年に開通したばかりのフェニキュレルに乗ってきました!旧市街から、トラムで カバトスまで向い、カバトスでフェニキュレルに乗り換えます。フェニュキュレルは、タクスィム-カバタシュ間を約1分で結び、運賃は1.5TL。歩ける距離ですが、坂道なので、これを利用したほうが楽です!
車内は最新で、とても居心地がいいです♪
 

新市街で人気の自然派コスメのお店に行ってきました♪

 

   

 

ショッピングの街としても魅力があるトルコ♪ぜひお問い合わせください!

 

トルコ特集ページ

http://stworld.jp/earth_info/TR/

Filed under: トルコ — stw-eur 4:52 PM

ページTOPへ