2011 January - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

2011年5月1日の前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の「列福式」

2011年5月1日に前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世を「福者」とする認定式が行われます。

 

「福者」とはカトリック教会の中では、「聖者」の次の位とされ、世界で大いなる活動をされた偉大な法皇に送られるものです。「福者」への調査の手続 きは、通常死後5年経ってから行われるとされていますが、ヨハネ・パオロ2世は異例な速さで、死後6年後に「福者」に認定されることになりました。

 

その理由として、難病の人の病気を治癒したという「奇跡」を起こしたとか、世界中の人々から愛されていたからということも言われています。確かに、少なくともイタリア国内の人々からは深く愛されていました。

 

式の行われる5月1日には、ヨハネ・パウロ2世の出身地であるポーランドから数万人という信者がローマを訪れると言われており、欧米からも数十万人がこの式典に参加、また見学に訪れるとされています。

この日の前後の4月29日から5月3日までは、既にいくつかのホテルで満室になっており、宿泊の規制がされているようです。恐らく、ローマ郊外を含め、5月1日前後はローマ中のホテルが満室になるでしょう。

 

日本では、ゴールデンウィークという旅行のシーズンですが、ローマにお越しの方は早めの予約をお勧めします。

 

イタリア現地スタッフより

Filed under: イタリア,イタリア現地スタッフより — root 12:19 PM

フィレンツェ郊外のアウトレット「ザ・モール」へはシャトルバスがお勧め!

先日フィレンツェ郊外にあるアウトレットモール「ザ・モール」に行ってきました。

「ザ・モール」といえば、グッチやフェンディ、サルヴァトーレ・フェラガモ、トッズなどのアウトレットがあることで有名ですが、他にもたくさんのお店が集まっています。

 

特に、お勧めはモール内にある"DOT.COM"というレストラン&カフェです。

急いでたくさんお買い物をした後にちょっと休憩したり、お腹が空いたときに食事をしたりなどとても使い勝手があるレストランです。レストラン内はゆったりとして、落ち着いた感じで、のんびりできます。

 

また、モール内にタックスフリーリファンドのカウンターができたので、ここで免税手続きができて便利です。

 

 

出発時の空港でのあわただしい中、列に並んで免税の手続きをするのは大変なので、この「ザ・モール」はとても気の利いたアウトレットモールといえるでしょう。

 

 

さて、私はフィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩約5分のところにある公共バス「SITA(シータ)」の駐車場からザ・モール行きのバスに乗って、ザ・モールに向かいました。

10分前にバスの停留所に着いて、並んでいましたが、周りは中国人や韓国人ばかり。並んでいたイタリア人はザ・モールの店員のようでした。

バスが停留所に着くと、ちゃんと並んでいたイタリア人と日本人を無視して、どんどん中国人が横入りして、バスに乗り込んで行きました。私は肩でガー ドして、どうにかバスに乗れましたが、気がついたらバスは満席でした。遠慮して、先に通していたら、乗れないところでした。実際、よく日本人は早くから並 んでいるのに、遠慮して乗れないことがあるそうです。次のバスは2時間後なので大変です。

 

バスに乗ること約50分。見慣れた景色が見えてきて、「ザ・モール」に着きました。

さっと買い物に走る中国人を横目に、私はちょっとレストランでカプチーノを飲んで一服。

 

帰りは便利な「シャトルバス」なので、たっぷり3時間買い物ができました。

公共バスでは、帰りのバスがかなり並んで乗れないことが多かったり、買ったものがバスの中に入らなかったり、バスの下のスペースに預けたものが盗ま れたりすることが多発しているそうです。ゆっくり買い物もできないし、せっかく掘り出しものを買ってもバスに預けるのが心配なのは嫌ですね。

 

やはり安心して乗れるシャトルバスがいいなあと再確認しました。

公共バスだとバスの駐車場からホテルまで重い荷物を持って移動するのが大変ですが、シャトルバスだったら、ホテルの近くまで行ってくれるのでとても便利です。

ちなみに、駐車場の近くにいた女性のタクシー運転手に聞いたら、ザ・モールからフィレンツェ市内まで片道60ユーロするそうです。やはり、シャトルバスの方が安いですね。

 

 

「ザ・モール」へ行かれる方は是非シャトルバスをご利用下さい(要予約)

 

<シャトルバスのご案内>

*運行日:毎日(大雪などの悪天候の場合は運行なし)

*運行時間:フィレンツェ発 09:30、14:30。ザ・モール発 13:30、18:30。

*最少催行人数:2名

*ご料金(往復シャトルバス乗車券+モール内レストランでのワンドリンク券):5,500円

*詳しくはこちらをご覧下さい。 http://stworld.jp/op_tour/?cu=IT&id=4d253697451118.92064170

 

イタリア現地スタッフより

Filed under: イタリア,イタリア現地スタッフより — root 12:16 PM

神秘的で真珠のように美しい世界遺産の湖畔の街ハルシュタット

中近東・アフリカ担当を続けていると、「世界遺産」であっても建築物や遺跡などのいわゆる「文化遺産」はもうお腹いっぱいになってきます。

 

エジプト、チュニジア、モロッコ、ヨルダン。。。

 

まだまだ世界遺産のほんの一握りしかこの目で見ていませんが、最近は同じ世界遺産でも「自然遺産」に興味が湧いてきました。

 

ヨーロッパにもたくさんの自然遺産がありますが、その中でも今もっとも興味のある自然遺産が「ハルシュタット」です。

 

「ハルシュタット」はオーストリアのザルツカンマーグート地方の最も奥にある景勝地です。

 

ハルシュタットは紀元前から岩塩坑で栄えた湖畔の街で、湖に映る山々や街並の美しい世界が広がっています。「世界で最も美しい湖畔」とも称されており、1997年に世界遺産に登録されました。

 

 この「ハルシュタット」という地名を知ったのは、あるテレビドラマからです。

 

ちょうど冬のハルシュタットの映像が流れていましたが、そのたたずまいと自然の静けさに、オーストリアで1番行ってみたい場所になりました。

 

冬のハルシュタットはまさに陸の孤島。。。日本からのツアーでも冬にハルシュタットに行くツアーは見かけません。やはり、ベストシーズンの6~9月に観光客が多いようです。

 

夏のハルシュタット・・・・。もう、ため息が出るほど神秘的で、ずっと見つめていたい景色です。

 

冬は冬で、とっても幻想的です♪

 

 

 エス・ティー・ワールドでは今年から、その「ハルシュタット」への日帰り観光を含むドイツとオーストリア周遊のツアーを発売いたしました。ヨーロッパで「絶景」と言われる場所は山ほどありますが、そのうちドイツのノイシュバンシュタイン城とザルツカンマーグート地方をめぐる8日間のツアーです。添乗員付のツアーではなく、個人旅行感覚で、でも行きたいところは押さえてあるフリータイムの多いツアーです。

 

 まだ春になるまで時間がかかりますが、春を通り越して今年の夏は「絶景を求めるヨーロッパの旅」に出かけられてはいかがでしょうか?

 

絶景を求めるヨーロッパの旅★神秘的で真珠のように美しい世界遺産の湖畔の街ハルシュタット&ノイシュバンシュタイン城&ザルツカンマーグート8日間

http://stworld.jp/tour_search_f2/?mode=d&tc1=DE&tc2=TJ06&tc3=00&dyear=2011&dmonth=05&dday=1&p=DE-TJ06-00&page=1

Filed under: オーストリア,観光地 — stw-eur 3:21 PM

ページTOPへ