2011 July - ヨーロッパ・中近東・アフリカ★現地&旅行情報★ブログ

トップ> ヨーロッパ・中近東・アフリカ ブログ

そうだ イタリア行こう(`・ω・)9 -アルベロベッロ編-

先日お休みの日に二葉亭四迷の本を読んでいたのですがそのときふと思ったことがあります。
かつて二葉亭四迷がI love you.を「私、(あなたのためなら)しんでもいいわ」と訳したそうですが、私なら、「私、(イタリアのためなら)しんでもいいわ」と答えたい。なんて(^ω^)
最近イタリア好きすぎて周りの人はきっと気持ち悪がってるんだろうな、と思いつつ、イタリアへの思いは日々募るばかりです。

今日は、フィレンツェから大移動、南イタリアをご紹介します。アルベロベッロ、マテーラ、カステルデルモンテの3本立てです(`・ω・)

●アルベロベッロ●
 
 
三角お屋根の世界遺産の街!交通の便があまりよいとはいえない街なので基本的には送迎車移動でのご案内となっております!私の場合は、節約節約旅行だった ので、フィレンツェからボローニャ経由でバーリへ列車移動。その後、バーリ駅直結のSUD-EST線という私鉄を利用してどうにか自力で行っちゃいまし た・・・が、移動時間が本当に長くておまけに雪の影響で何時間も列車が遅延!車送迎付のツアーに参加すればよかったなぁなんて思ったりもしたりしなかった り。私鉄の駅員さんに関しては窓口に並ぶや否や「アルベロベッロ?」と聞いてくれたり言葉を発する前に親切(?)。笑

観光に関しては、トゥルッリの歴史地区は街中からすぐそばにあるので楽チンです♪歴史地区内にも様々なレストランやお土産屋さんが軒を連ねているの で街歩きにはもってこいですね。あとアルベロベッロにはミシュランに認定されたレストランもあったりするので夕食はそこでちょっと贅沢にきめるのも、また 乙です♪

●お土産●

やっぱり置物は買わなくっちゃ!!!ということで購入。手のひらサイズのトゥルッリの置物です。アルベロベッロでとれた石材を使ってるとのことでしたが・・・。笑
なんにせよ可愛いことには変わりありませんので皆さんも一家におひとついかがでしょうか?

●マテーラ、カステルデルモンテ●
こちらのオプショナルツアーに私も参加してきました!
マテーラとカステルデルモンテ、世界遺産を一度に2つもまわれちゃうアルベロベッロからの専用車オプショナルツアーです(`・ω・)
 
カステルデルモンテ。1240年に建設されたこのお城。日本では頼朝発端の「1192作っちゃうよー作っちゃったよこれー鎌倉幕府だよー」な時代の頃に建 てられたなんて信じられないくらい荘厳なお城です。中世らしくあまり派手派手な感じじゃなくシンプルで機能性重視な正八角形のお城です。
中は空洞になっていてそこから空を見上げると綺麗な八角形の青空が!天気にも恵まれてテンションMAXでした。笑

 
マテーラ。忘れられた世界遺産。第二次世界大戦時期、一度廃墟とかしたサッシの洞窟住居群。こちらも世界遺産に認定されています。1970年代頃より価値 が見直され今ではまた人ももどってきてたくさんの人が洞窟住居で暮らしているんです。車も狭い道をいったりきたり。運転うまくなりそう。なんて。あいにく の曇り空も雰囲気をさらにかもし出してくれています♪マテーラでもその土地の石材を使ったお土産がとてもたくさん!その店ごとに違った置物がたくさん売ら れているので好みのお土産をさがしてみてはいかがでしょうか?
●お土産●

軽石っぽい置物に、ちょっと立体的なマテーラの街並みが描かれたマグネット。あわせて可愛いのでアルベロベッロの置物も並べてみました。
このやばい可愛さ!やっぱりイタリア大好き!!

専用車でまわるツアーなので、ドライバーと軽くコミュニケーションをとったり、有る程度の滞在時間に自由が効いたりなどプライベート感満載のオプショナルツアーです!ぜひ参加してみてくださいな(`・ω・)

新千歳発イタリア行きツアーはこちら
アルベロベッロ滞在プランはこちら
次回はナポリをお送りしたいと思います(´ω`)

札幌支店スタッフより

Filed under: そうだ イタリア行こう!,イタリア — root 5:06 PM

新世界遺産 ロンゴバルド族:権勢の足跡

20116月末にイタリアに登録された、新しい世界遺産のひとつ【イタリアのロンゴバルド族:県政の足跡(568-774年)I Longobardi in Italia. I luoghi del potere (568-774 dC)の内容をご紹介します。 

 

ロンゴバルド王国(イタリア語の音訳。ランゴバルド王国ともいわれる)は、568年ゲルマン系ロンゴバルド族により建国され68世紀にイタリア半島を広く統治し独特の文化を発展させた後、774年カール大帝により滅ぼされました。そのロンゴバルド王国の重要な権勢の足跡を示す7地域の要塞、教会、修道院などの建物が2011年に世界遺産として登録されました。ロンゴバルド族の建築スタイルは総じて古代から中世ヨーロッパへの変遷を示すもので、古代ローマの伝統、キリスト教的精神性、ビザンチン文化の影響そしてゲルマン系北欧様式を生かしています。

 

登録された下記7グループの文化財・史跡はそれぞれの特徴からロンゴバルドの重要な典型であったり、イタリア国内でも特に保存状態が良いものとして厳選されたもので、総体として最盛期ロンゴバルド文化の全容を映し出しています。つまりスカンジナビアから北東ヨーロッパを経由してイタリアに定住した後の、ロンゴバルド族の芸術的・建築的遺産の真髄を、これらの文化財史跡を通して知ることができるのです。
ロンゴバルド族はイタリアに定住すると、古代ローマの伝統様式やキリスト教の精神性、ビザンチン文化の影響などを吸収、同化し自らのゲルマン的価値とを融合させ、7世紀末から8世紀にかけて新しい独自の文化を生み出したのです。


近年の歴史学でも認識されているように、ロンゴバルド族はこうして古代と中世の過渡期の歴史の中で、主要な位置をしめる主役の一人として文化の流れを導きました。その後カール大帝に受け継がれ、古代世界から中世ヨーロッパへの形成に寄与し、その後の千年にわたる西洋史に大きな影響を及ぼしました。

 

ユネスコ世界遺産に登録された場所:  
ユネスコサイト:http://whc.unesco.org/en/list/1318 (英語)
イタリア文化財省サイト:http://www.italialangobardorum.it/download/documenti/27611_Comunicato%20stampa_MiBAC_Longobardi_2_AMF.pdf(伊語)

 

1. チヴィダーレ・デル・フリウリCividale del Friuli ガスタルダーガ地区にある
  『ロンゴバルドのテンピエットIl Tempietto Longobardo』  
  及び『カリスト司教が整備した教会関連施設群
      I resti del Complesso Episcopale rinnovato da Callisto
  及び『国立考古学博物館所蔵ロンゴバルド族副葬品
      Museo Archeologico Nazionale, corredi delle necropoli longobarde


2.
.ブレシャBresciaの『サン・サルヴァトーレ=サンタ・ジュリア修道院
   Il complesso monastico di San Salvatore-Santa Giulia


3.
.カステルセプリオとトルバCastelseprio-Torbaの『カストラム(要塞地区)』
4
.クリトゥンノ Clitunnoの『クリトゥンノのテンピエットil Tempietto del Clitunno
5
.スポレートSpoletoの『サン・サルヴァトーレ聖堂Basilica di S.Salvatore
6
.ベネヴェントBeneventoの『サンタ・ソフィア教会Chiesa di Santa Sofia
7.
 モンテ・サンタンジェロMonte Sant’Angeloの『サン・ミケーレ聖所記念堂  
  Santuario Garganico di San Michele

 

イタリア国内に残るロンゴバルド族の権威の軌跡 詳細:
様々な情報を写真や地図で紹介するサイトもぜひご覧ください(英語)http://www.italialangobardorum.it

1.チヴィダーレ・デル・フリウリCividale del Friuli 『ロンゴバルドのテンピエットIl Tempietto Longobardo
  及び『カリスト司教が整備した教会関連施設群』、『国立考古学博物館所蔵ロンゴバルド族副葬品』  
ガスタルダーガ地区にあるサンタ・マリア・イン・ヴァッレ修道院Chiesa di Santa Maria in Valleの祈祷 堂は、通称「ロンゴバルドのテンピエット」とよばれています。ロンゴバルド王国後期の最も重要な建物のひとつで、女性6体の中世では珍しい写実的立体的漆喰彫刻やフレスコ画、大理石の厚板、円柱、モザイク等見事な8世紀の内部装飾を見ることができます。また当時のカリスト司教が整備増築した教会や聖堂群や、ロンゴバルド族の墓にあった副葬品も登録されました。
*所在地:チヴィダーレ・デル・フリウリCividale del Friuli (フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州) ウディネUdineの東16km、トリエステTriesteの北西 65km ヴェネツィアの北東144km

 

2.ブレシャBrescia『サン・サルヴァトーレ=サンタ・ジュリア修道院 Il complesso monastico di San Salvatore-Santa Giulia
ロンゴバルド王国のデジデリオ王が即位前の753年に創建したサン・サルヴァトーレ修道院は、後世の大規模な増改築により、教会や回廊とともに合体して現在はブレシャ市立博物館となっています。修道院はもともと古代ローマ時代の邸宅跡に建てられ、現在も修道院周辺には北イタリアを代表する多くの古代ローマ時代の遺跡が残されています。
*所在地:ブレシャ Brescia (ロンバルディア州) ミラノの東93km ヴェローナの東66km

 

3.カステルセプリオとトルバCastelseprio-Torba『カストラムCastrum(要塞地区)』  
古代ローマ時代からのカルテルセプリオとトルバの両町に広がるカストラムという要塞地区をロンゴバルド族は再利用し、その建物跡が今も残っています。トルバの塔は後期ロンゴバルド期に修道院となり、有名な『サンタ・マリア・フォリス・ポルタス教会Santa Maria foris Portas』は町壁の外に7-8世紀に建てられ、その壁は貴重なフレスコ画で飾れています。
*所在地:カステルセプリオとトルバCastelseprio-Torba (ロンバルディア州)ヴェレーゼの南14km

 

4.クリトゥンノ Clitunno『クリトゥンノのテンピエットil Tempietto del Clitunno
小さな建物ながら、その古典的な様式と戦利品の品々が建物内に多用されていることで有名です。ルネッサンス期以降も建築的に不朽の名声を何世紀に渡り保っていました。
*
所在地:カンペッロ・スル・クリトゥンノ(ウンブリア州)ペルージャの南西53km スポレートの北11km 

 

5.スポレートSpoleto『サン・サルヴァトーレ聖堂Basilica di S.Salvatore
ロンゴバルド建築の代表例のひとつで、古典的ローマ様式を踏襲し、外部、内部ともに中世の石工達による優れた建築的装飾細工が施されています。
*所在地:スポレートSpoleto(ウンブリア州)ペルージャ南東63km

 

6.ベネヴェントBenevento『サンタ・ソフィア教会Chiesa di Santa Sofia
サンタ・ソフィア教会はロンゴバルド建築の中でも最も多面的な構造を持ち、保存状態の良い建物のひとつで、中世初期ベネヴェント絵画と呼ばれるフレスコ画断片が内部を飾っています。また、隣の現在サムニウム博物館となっている部分との間には美しい回廊があります。
*所在地:ベネヴェントBenevento(カンパニア州) ナポリ北東71km

 

7.モンテ・サンタンジェロMonte Sant’Angelo『サン・ミケーレ聖所記念堂 Santuario Garganico di San Michele
サン・ミケーレ聖所記念堂は、ロンゴバルド族統治の7世紀から、大天使ミカエル崇拝の重要拠点となり、その後も西洋諸国での大天使ミカエル信仰に深く影響を及ぼし、ヨーロッパ各地に建設された有名なモン・サン・ミッシェルを初めとする何百もの聖ミカエル聖堂のモデルともなりました。
*所在地:モンテ・サンタンジェロMonte Sant’Angelo(プーリア州)フォッジアの北東59kmバーリの北西135km

 

(情報提供:イタリア政府観光局)

 

イタリア現地スタッフより

Filed under: イタリア,イタリア現地スタッフより — root 3:03 PM

そうだ イタリア行こう(`・ω・)8 -続・フィレンツェ編-

また暑さが復活!夏っぽさが北海道にも戻ってきましたね。
そんな茹だるような暑さの中、今日はフィレンツェ第2段をお送りします!

●ミケランジェロ・ダビデ像の魅力●
ダビデ像があるのはウフィッツィ美術館・・・と思いきや、実はアカデミア美術館!
そこでレプリカじゃないダビデがあなたを待ってます。
ひんやりとした美術館に佇むダビデ像になんだか妙に感動します。

ただ写真はNGなので、ダビデと写真がとりたいあなたはフィレンツェの街中にいるレプリカダビデと写真を撮りましょう★
(シニョリーア広場のヴェッキオ宮殿前に彼はいます!)

/呼んだ?\

またイタリアというお国柄なのか、公式の美術館が全力でダビデを茶化しにかかったお土産をたくさん販売してるんです。目がハートにくりぬかれた顔のドUPとか、俺ダビデ、500歳独身!的なプロフィールの書かれたポストカード等もたくさん売ってます。笑

路面ののお土産屋さんにもダビデ像をぱろったものがたくさん!
空前のダビデブームの中にいた私はついついうっかりダビデと共にフィレンツェを歩きたくなってこんなものまで買っちゃいました。
ごめんなさい。本物はもっとイケメンです。

●オススメ食べ歩きごはん●
★ワッフル×nutella★

これで1人前!!イタリアでおなじみのヌテラ(ヘーゼルナッツ&チョコレート風味のペースト)をたっぷりはさんだ超うまお菓子(`・ω・)
これだけでおなかいっぱいになっちゃうので友達や恋人と半分こ・・・(〇ω〇)
ワッフルにヌテラのシンプルなおやつなのに、いやシンプルだからこそ美味しいです!ジェラート屋さんの軒先とか、ワゴンで売ってることが多いです。フィレンツェに行ったら是非☆

☆パニーノ☆

やっぱりイタリアといえばパニーニ♪正確にはパニーノ って言うんだそうです。バールや軽食屋さんで多くの具材のパニーニが売られています。言葉がわからなければ指差し注文☆これちょうだい!とジェスチャーす れば店員さんがあっためてくれて食べ歩きしやすいように包んで渡してくれます。
特におすすめは生ハム系がはさまったものとか、コトレッタ(カツ)がはさまったもの。がっつり食べててそれだけでおなか満腹です!

自分が好きな食べ物をイタリア語で覚えておいたら軽食を注文するときにすごく便利です♪

フィレンツェのいいところ、語りだしたらキリがないのでフィレンツェ編はこのあたりで我慢しておきますっ(^ω^)

新千歳発、フィレンツェ行きのツアーはこちら!!

札幌支店スタッフより

ページTOPへ