まさか、ライオンが!!‐虹色ジーン裏話その1 - モーリシャス 最新情報ブログ

トップ> モーリシャス 最新情報ブログ

まさか、ライオンが!!‐虹色ジーン裏話その1 by M

イメージ 1

イメージ 2

虹色ジーン「世界まるごと見聞録」の撮影時、とんでもないことが起こりました。

 

今思い出しても…うぷぷぷぷ

 

ありえないっ!!




 

何が起こったかというと…





















 

番組のマスコット、ジーンちゃんが食べられちゃった!



 

ではなくて、



 

撮影スタッフさんにライオンが突進して体当たり!!



 

お怪我もなく笑える話ですんだから良いものの、なんでこのようなことが起きたかというと…




 

通常「ウォーク・ウィズ・ライオン」アクティヴィティの撮影は開園前、他のお客様がいらっしゃらない早朝のうちに行います。


 

また、この日は責任者の方のインタヴューも控えていたため、普段はめったに出てこない(!?)オーナーご家族の方たちも、猛獣もとい「ビッグ・キャッツ」の撮影を手伝ってくださることになっていました。



 

そのうちのお一方と小柄な女性撮影スタッフ・Hさんがお話をしているところに、檻から出てきたライオン2頭登場!



 

ライオンくん、久しぶりに会うオーナーご家族を見つけるや否や、大喜び!


 

まるで久しぶりにドッグランにでも連れて行ってもらった「犬」状態!!


 

そして、




 

オーナー目指して猛突進!!



 

そこからは、もうスローモーションでした。




 

両手を嬉しそうに広げるオーナー。

 

オーナーの真横で、突進してくるライオンを目の前に固まるHさん。



 

そして、オーナーの直前で1頭がもう1頭に弾き飛ばされ、



 

Hさんに体当たり!!





 

因みにこのアクティヴィティの前には、


 

*大きな声を出さない(叫ばない)

 

*ライオンよりも低い位置になるような姿勢を取らない

 

*走らない

 

*ライオンに背を向けない


 

等々、色々な注意がなされます。



 

小柄なHさん、幸いなことに後ろによろめいただけで、転ばずに済みましたが、これらの注意を忠実に守られたのは本当に立派でした。



 

というか、



 

完全に凍ってしまい、手も足も動かせなかった



 

いうところが正解かもしれません。



 

私もトラに足を踏まれたり、ライオンの肉球を「ぷにゅー」としたことはありますが、突進してきたライオンの体当たりを受け止めたことは、さすがにございません。



 

私とこの光景を目の当たりにしたディレクター氏、



 

衝撃映像を取り損ねた!



 

と、かなり悔しがっておられました。





 

ライオンに体当たりされた


 

という武勇伝?、きっと日本では誰も信じてくれないと思います。

 

Hさんがホラ吹きでないことを、ここに私が証明いたしますよ。
Filed under: アフリカ — モーリシャス便り 2:49 AM

ページTOPへ