2010 June - メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコトラベルファクトリーブログ メキシコトラベルファクトリー
トップ> メキシコトラベルファクトリー ブログ

ロウソクマッサージ

ちわーーーーーっっっす いやいや久々ののりピーです。

最近めっきりメディアから遠のいてご無沙汰しておりました。

 

 

さてさて、ここ4・5日のカンクンの天気といったら、、、悲しくなるくらいの雨風が続きましてねー 今日6/29の午後からは少しお日様も見え隠れして、少しづつ回復に向かっているようですが、こんな天気でぱっとしない日には、 やっぱり スパ(前置き長い?)

 

 

今回お邪魔してきたのは、AQUAホテル このホテルのスパは、とても勉強熱心!世界のマッサージを研究し、それをオリジナルMIXして独自に取り入れてるんです ここの支配人からある日メールが届きました。 「ロウソクマッサージあるから試しにおいで」 !!!!

 

 

ロウソクのマッサージ!!!

 

 

ロウソク、、、??

 

 

 

変な期待とちょっとの不安を胸に、いざ出陣!! と、いうことで今回は最近風邪気味のどすえと共に行ってまいりました。

 

 

水着に着替え、バスローブを羽織り、待合室で茶でも啜っていると、見た目は可愛らしいメキシカンセラピストがやって来て穏やかにマッサージ室へと導かれる。

 

 

(このひとがロウソクを使いこなすのか???) 半信半疑でついていくと、いつもの手順で横になり、いつもどおりに始まった。 足から順にあったかいオイルの感触が体を包み、背中にのっけられたホットピローでダンダンと気持ちよくなる。

 

 

背中→腕→ひっくりかえって、又足→手→肩・首周り 丹念に丹念にほぐされる そして記憶はオボロに、、、 チーン 小さな鐘の音で目を覚まし、終了 、、、 え??? おわり? ロウソクの儀式は?

 

 

そうです、ロウソクマッサージといっても、皆さんがご想像するような(私だけ?)いかがわしいものではなく、これは、特別にマッサージ用のオイルのようなロウソクを使うんですね

 

 

VELA2.jpg

 

 

火を灯すと、柔らかめのロウがさらさらのオイルのようになり、それをセラピスタが一度手の上でなじませ、マッサージしてくれるんです 。

 

 

 

VELA1.jpg

 

 

普通のオイルマッサージと違うのは

1.オーガニック&植物成分のロウソクを使う肌に優しい

2.ソフトタッチなマッサージで、リラックスさせる

3.ロウ自体があったかくて心地いい

4.オイルよりも若干サラサラな仕上り

 

 

イメージとはある意味(苦笑)少し違ったけれども、とーーっても気持ちいぃぃマッサージでした いやいやこれは男性にも女性にも優しいです。 是非是非カップルでも、友達同士でもお試しアーレ。

Filed under: おすすめスパ — MEXICO T.F. 6:10 PM

ハリケーンシーズン到来

本日カンクンは終日雨です・・。

いまは一旦やんでいますが、降るときはじゃんじゃん降っています。

 

天気予報を見ると・・・
やっぱりきてました。

 

トロピカルストーム(熱帯低気圧)です。

 

このトロピカルストームが大きくなると、地域によっては台風、サイクロンなどとも呼ばれますが、こちらでは、ハリケーンと呼んでいます。

 

現在トロピカルストームがベリーズのカリブ海沿岸に接近中。
本日のカンクンは、風はそこまで強くありません。

 

 

こちらの予報では、ユカタン半島をすぎ、メキシコ湾に入った後にハリケーンのカテゴリー1に成長する予定です。

 

今年のハリケーンの予想ですが、8~14のハリケーンが来ると予想されており、その中でも3~7つが大型ハリケーンになる可能性があるとのこと。

 

毎年、熱帯低気圧やハリケーンには名前が付けられます。
日本の台風のように番号ではなく、人名なんですね。
アルファベット順につけられます。

 

今回のトロピカルストームは「アレックス」ALEX 。
ということは今季第一号ってことですね。
今年は何番目まで行くんでしょうか。

 

確かアメリカに大きな被害をもたらしたカトリーナや、カンクンを襲ったウィルマが来た年は、アルファベットを一巡するくらいの数のハリケーンが来ました。

 

日本の台風と同じで季節物なんでしょうがないですね。
ないと異常気象ですからね。それも困っちゃいます。

 

今後ブログでもハリケーン情報は逐一アップしていきます。

 

コロニータ

Filed under: ハリケーン情報 — MEXICO T.F. 4:27 PM

メキシコの新聞紙面。日本 vs デンマーク戦。

本日の新聞NOVEDADES。
スポーツ面でのトップはW杯のイタリア戦。

チャオ!イタリア!とイタリア戦にについての記事です。
そうですよね。
前回王者のまさかのグループリーグ敗退です。
その後、2ページ目3ページ目とメキシコ国内リーグのサッカー記事がつづきます。
あれ?日本戦やオランダ戦については書いてないのかな・・・と思いきや、
これ!!!

ババーーーーーン
なんと中央2面にわたっての破格の扱い!!

SABLAZOS DE SAMURAI 「サムライの一刀」

と、日本チームの勝利を伝えています。
ただ記事を読みつづけていると、、、、
「デンマークのトマソンが放ったPKを日本のキーパーNAKAJIMAがはじき返したが、、、」
え?
NAKAJIMA??
ナカジマ?
だれ?
そんな人いたっけ。
KAWASHIMA でしょ?
川島。
慣れないのに日本紹介しちゃうからですよ。
ちなみにメキシコのskyというスポーツチャンネルはすべてオランダvsカメルーン戦を放送。
TDNという放送局のみ日本vsデンマーク戦をやってました。
夕方のニュースでも本田、遠藤、岡崎のゴールを何回も見ました!
気分いい~~~!!
また勝って、メキシコの新聞紙面を賑わしてください!!
コロニータ

Filed under: メキシコサッカー — MEXICO T.F. 4:55 PM

おめでとうニッポン!!メキシコと共に16強!

すばらしい~~~!! おめでとうございます、ニッポン代表!!

 

W杯が始まった頃は全く期待もしていなかったんですが、ここまでやるとは思いませんでした! あやまります、すいません!!!

次回は南米のパラグアイとの対戦ですね。 強いですが、また全力で戦ってほしいです。

 

ところで、毎日のようにメキシコ代表の様子はニュースで流れておりますが、 メキシコでは大人気の10番、クアウテモックブランコ選手(興味があるかたはこちら)、 なんとこのW杯で記録を作っております!!

 

今回フランス戦でPKのゴールを決めた、ブランコおじさん。

 

なんとなんとこのゴールは メキシコ史上初めてのW杯3大会連続ゴール!!!

 

すごいですねーーー。 あと、この日はブランコおじさん、37歳151日目。

このゴールでブランコさんはW杯史上3番目の高齢得点者にもなっているそうです。

 

一度引退したのにもどってきて、W杯に出場し、得点してさらに記録まで作っちゃう。 さすがです!!

 

メキシコ代表のGKのコネホことオスカル・ペレスさんとは誕生日が2週間違いのおじさんコンビ。

チチャリートことハビエル・エルナンデスや、ジョバニ・ドスサントスのような若い代表と、いぶし銀のベテラン代表がまざったこのメキシコチーム。うまくかみ合っております。

 

日本代表と同様、チームの雰囲気はとってもよさそう。

 

メキシコの決勝リーグ1回戦の試合ですが、前回のドイツW杯と全く同じ、またまたアルゼンチンと決勝リーグであたるんです・・・。 前回の結果は2-1で敗退。4番のラファエルマルケスが1点ゴールしてます。 アルゼンチンに一泡ふかせたいところですねーー。 ちなみにW杯でのメキシコチームの最高順位はベスト8です。 ベスト4ぐらいにならないと、日本とは試合があたりそうにないですね。 見てみたい気もしますが・・・。

 

今回のW杯で初めてサッカーがおもしろいと感じたコロニータでした。

Filed under: メキシコサッカー — MEXICO T.F. 10:15 PM

マヤ遺跡シリーズ<カバー遺跡>ユカタン後編

前回のウシュマル遺跡に引き続き、遺跡シリーズ!!

 

今回はカバー遺跡をご紹介いたします。

 

カバー遺跡は約400年~600年の遺跡。
規模は小さいですが見ごたえのある遺跡です。
KABAH(カバー)とはマヤ語で“名前”を意味します。

 

 

 

まずは、階段を上って宮殿へ!!
ユカタン州はキンタナロー州とは違い丘があり、地面からセノーテまでの距離あり見つけることができない為に、セノーテに変わって水をためる特別の穴があります。

 

チュルトゥンと呼ばれる穴は、入り口は小さな穴だが地下では大きくなっているのでたくさんの雨水を貯めておく事ができます。

 

カバーではたくさんの雨の神“Chaak(チャーク)‘を見ることが出来ます。
雨がほとんど降らないので生活・作物の為に水分は必要となってくるので、このチャークはとても重要な神!!
チャークの神殿には約70のチャークが!!

 

わかりづらいですか?階段の少し上の壁一面、チャークなんですがね・・。
ではもっと接近して・・・・。

 

どうだーー!
マヤの遺跡にはチチェンイツアーでも前回ご紹介したウシュマル遺跡にも登場しましたね。
マヤ遺跡ではダントツの登場回数のチャークです。

 

また、この時代に良く見ることが出来るのがXの形。
これも同じように“水”を意味していて、400年~600年頃のプーク様式と呼ばれる建物の代表的な模様です。

 

カバーはいままで紹介した間や遺跡の中では規模の小さい遺跡ですが、とても見ごたえあり!

 

チチェンイツァーでは遺跡に登ることができないのですが、カバーでは実際に登って、肌で感じることができます。
たくさんの雨の神“チャーク”がチャークの神殿は人目でインパクト大です。

 

カバー遺跡を出て、道を挟んだ反対側にはユカタン半島で一番大きな“マヤアーチ“を見ることが出来ます。
このマヤアーチはウシュマルまで続くサクベの入り口となっています。

 

カバー遺跡はウシュマル遺跡に近いので、一日で2つの遺跡を見てまわることもできますよ!

 

メリダに滞在するときはぜひ一日はこの2つの遺跡の時間を作って、ゆっくり周遊してみてはいかがでしょうか?

 

<おまけ>
帰りに寄った食堂になんと日本語のメニューが!!
がんばって手書きしています。
しかもちゃんと理解できる!

 

気になるのは「フィルター水」というのと、最後の「アニス」!
おそらくアイスか?
コロニータ

Filed under: カンクン見どころ — MEXICO T.F. 12:14 PM

ページTOPへ