TAXCO (タコスじゃないです、タスコです) - メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコトラベルファクトリーブログ メキシコトラベルファクトリー
トップ> メキシコトラベルファクトリー ブログ

TAXCO (タコスじゃないです、タスコです)

こんにちは。かなりご無沙汰しておりました奈良の踊り子ですemoji576.gif。最近どうやら踊り子精神を忘れつつあるようです。だめですねぇ・・。

 

さて、今回はメキシコ・シティから170km(車で約2時間半~3時間)のところにある銀の町emoji222.gifタスコの紹介をしたいと思います。

ちなみに、Taxcoとはナワトル語でJuego de Pelota(紀元前1400年頃からメソアメリカで行われていたゴムボールを使った球技)という意味です。

 

銀の町で知られるタスコ、アメリカ大陸初の鉱山がスペイン人によって造られ、銀の発掘で栄えました。その後、1743年に17歳でメキシコに渡ったフランス人のホセ・デ・ボルダによって大銀鉱脈が発見され、Silver Rushの始まりとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、Silver Rushで大富豪になったホセ・デ・ボルダですが、この町のシンボルとも言えるサンタ・プリスカ教会の建設を1751年にはじめ1758年に完成させています。

実は、この教会の建設中に起こったある出来事・伝説があるんです!!!気になりますよねぇ・・・・???emoji631.gif

それでは伝説は次回ということでemoji324.gif

 

奈良の踊り子でした


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ