メキシコシティ・ソカロ広場 - メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコトラベルファクトリーブログ メキシコトラベルファクトリー
トップ> メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコシティ・ソカロ広場

Holaaaaa de nuevo 改めまして。今日はお天気のおかげで調子が良い典型的B型の奈良の踊り子です。

続いて、ソカロ広場のご案内を。観光箇所といえば! メトロポリタンカテドラル、国立宮殿、Templo Mayor等々ですが、なんと!!!!新発見がありました。

 

普段歩いていたらまったく気づかなかった、この看板。「1521年まで、アステカ皇帝の1人モクテズマが住んでいた旧家」!!!テンションあがりますねぇ。って私だけ??

 

現在は「国営の」質屋となっております。しかし、国営の質屋があるのもすごいですよねぇ。

 

 

 

続きまして、メトロポリタンカテドラル。午前中だったので、ミサの真っ最中で、真ん中までしか入れませんでした。

 

 

そしてこれが黒いキリスト像です。

 

なぜ黒いか????

説はいくつかあるそうですが神話、伝説好きな私が「信じる」説はこちら。その昔、このカテドラルの司祭のことを恨む者がいました。なんとかしてこの司祭を殺してやろうと企むのです。司祭の毎日の行動を観察していると、毎朝キリスト像の足元に口づけをしているのに気付き、「おー!!これは!!!」と思い、なんと!!!!キリスト像の足元に毒をぬりつけたのです。いつものようにキリスト像の足元に口づけをした司祭。しかし、全く様子が変わりません。1日たっても、いたってふつう。 おかしいなぁ・・・と思っていると、この白かったキリスト像が、だんだんと茶色、ごげちゃ、黒色と色を変えるではないですか。それだけではなく、足までグネーっとまがってしまいました。恐らく、司祭の身代わりになってキリストが毒を吸収したのでしょう。 どうです?この説?? もう一つの説は、昔火事で、焼けてしまったカテドラル。唯一のこったのが、この焼き焦げたキリスト像だったとか。

まあ、あくまで「説」なので何を信じるかはあなた次第。

 

 

さて、メキシコの教会に行くと必ずといっていいほど、このボードにピン付された手、足、心臓の形をしたものを目にします。

なんだと思いますか??

 

これは、「病気が治りますように」という日本でいう絵馬?みたいなものですね。

たまに、証明写真サイズの白黒写真まで貼られているのを目にします。

最近はちょっとオシャレな雑貨屋やアーティストマーケットに行くと、これをピアスにしてものを売っているんですよ。

 

はい、メキシコのマリア様。聖母グアダルーペのお部屋です。

 

 

それではカテドラルから出て、いよいよソカロ広場へ。これはカテドラルの外観です。

 

 

 

そして、巨大メキシコ国旗が風になびいているソカロ広場。 これめちゃめちゃ良い写真じゃないですか?なかなか難しいんですよ~。この国旗の真ん中の絵まで撮れるの!!

 

 

 

 

そして、ソカロ広場から見えるラテンタワー。この上階はレストランになっていて夜景がきれいに見れます。カップルにはぜひおすすめですね。レストランは行った際にはぜひ、お手洗いへ!!びっくりしますよ~!!

 

 

国立宮殿は残念ながら逆行で良い写真が撮れませんでした。

次回ということで・・・。

 

それではFeliz Sabado!!!

 

奈良の踊り子でした。

 

 


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ