MUSA水中美術館 カリブ海のYeah!!!!!!!!!! - メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコトラベルファクトリーブログ メキシコトラベルファクトリー
トップ> メキシコトラベルファクトリー ブログ

MUSA水中美術館 カリブ海のYeah!!!!!!!!!!

 

こんにちは、コルチョネーロです。

 

皆さんは、MUSAと言う海底にある美術館をご存知ですか?icon_biggrin.gif

 

 

このMUSAはMAYA文明とは全く関係ありませんが、
遺跡に負けない程の神秘的な光景、
そして何よりこの美術館を始めたキッカケが、
サンゴ礁保護の為にと言う素晴らしい志しに惹かれ行ってきました!emoji85.gif

 

 

私はダイビングライセンスを持っていない為、
と言うか、ダイビング初体験と言う事で、
MUSA1日体験ダイビングコースに参加しました。
持って行く物は水着、タオル、着替え、チップのみ。
ダイビング道具はウェットスーツ以外全てツアー料金の中に含まれています。
(ウェットスーツのレンタルは別途料金8ドル)

 

 

 

今回お世話になったのは、スキューバ カンクン。

 

 

IMG_1389

 

 

 

ちょっと早めの11時に到着。
建物右側から回り、ラグーン沿いを左に進むとフロントがあるので、
そこでバウチャーをみせてチェックインをします。emoji219.gif

 

 

 

IMG_1390
その際、3枚の申請書に記入します。

 

 

 
先ずは、参加申し込み書。

 

 

 

IMG_1393

 

 

 

 

 

 

次に健康状態についての事。嬉しい事に日本語用意されています。

 

 

IMG_1392

 

 

 

 

 

 

最後にレンタル用品を紛失した際の補償金の同意書にサイン。

 

IMG_1395

 

 

 

ここでワンポイントアドバイス。emoji205.gif
このMUSAは海底10m以上潜ります。
海中では水圧の為、身体が少し縮む為、
指輪などは外れ易くなっているので外しておきましょう。emoji222.gif

 

 

 

海洋保護料金2.5ドルを払いその証明のリストバンドをつけます。
このリストバンドはツアーが終わるまで外さないで下さい。

 

IMG_1396

 

 

 

申請が済むとレンタル用品の内容が書いてある用紙をフロントで渡されるので、
その用紙を持ってインストラクターの所に行ってヒーリングを
受けてください。
当日のインストラクターはネオ先生。emoji581.gif

 

 

IMG_1431

 

 

どこかヘミングウェイを彷彿とさせるベテランインストラクターです。

ヒーリング後、フロント右横のカウンターにその用紙を渡して下さい。

 

 

IMG_1398

 

 

 

 

 

レンタル用品を受け取ったら、後ろのプールサイドにまとめて置いておきましょう。

 

 

 

IMG_1405

 

 

12時にダイビング初心者レッスンがプールでスタート。

道具の用途の説明、付け方から呼吸の仕方、海中でのサイン、基本的な事を学びます。

 

 

IMG_1406
重りを巻いて泳ぐ経験がなかったので、

プールの底を這いつくばって泳いでいました。icon_redface.gif
酸素ボンベでの呼吸は意外と気になりませんでした。
約1時間で初心者レッスンは終了。emoji7.gif

 

 

 

出発まで1時間あるので、建物の2階にある売店で昼食。emoji21.gif
スナック菓子から軽食まで揃っています。

 

 

IMG_1432

 

 

 

 

 

14時出航。ラグーンを出てMUSAのあるイスラムヘーレス島沖を目指しますemoji246.gif

Vamos!

 

 

IMG_1407

 

 

 

 

普段ではなかなかお目にかかれない、キャプテンフックの船の間を通り抜け、
いざ大海原へ!icon_cool.gif

 

 

 

IMG_1412

 

 

見て下さいこの海!emoji149.gif

 

 

IMG_1418

 

 

 

 

約30分程でポイントに到着。

 

 

IMG_1421

 

 

 

到着する前にはインストラクターから声をかけられますので、
ダイビング道具の装着準備を始めて下さい。emoji139.gif

 

 

1人ずつ順番に飛び込んで行きます。
インストラクターからOKの合図が出たら、
ゴーグルが飛ばないように押さえながら飛び込んで下さい。
海に飛び込んだらロープをたぐいながら少しずつ潜って行きます。

 

少し進んでは鼻を吸って耳の空気を出して下さい。

 

と言いつつも、私は始めてで、潜ると耳がすぐに痛くなりました。emoji206.gif
ただでさえ、沈むと言う事に慣れないのでちょっとアタフタしましたが、
そこはさすが、どこかショーンコネリーの雰囲気を持つ

経験豊富なネオさん。
瞬時の指示で私を落ち着かせ、耳の空気を抜きていると痛みもなくなります。emoji199.gif

 

 

 

 

落ち着いて周りを見回してみるとなんと不思議な光景。emoji317.gif
水面は遥か先で見えず、海中というか砂漠にいるような感覚。emoji263.gif

 

 

 
海底には様々な魚達がいて向こうから近づいてきます。emoji25.gif

 

 

 

すると奥から見えてきました、一つ目の作品。

 

 

 

 

 

 

IMG_0027

 

 

 

 

何かイスラム教のお祈りのしぐさのようですが、

私もまだこの時は泳ぐと言うより

この作品のように海底を這いつくばって進んでいます。

 

IMG_0026

 

 

すると間も無く

 

 

IMG_0029

 

 

 

 

エイ!

 

 

 

次に突然目の前現れた石像の集団emoji179.gifemoji179.gifemoji179.gifemoji179.gifemoji179.gif

 

 

IMG_0021
IMG_0024

 

 

 

 

その数に圧倒されます。

 

 

 

よく見るとその石像の隙間にはたくさんの魚が休んでいます。
この海底美術館はサンゴ礁だけでなく、魚達にも優しいのですね。

 

 

最後に私の大好きなワーゲンのビートル!emoji217.gif

 

 

IMG_0020

 

 

 

 

メキシコでは未だにクラシックタイプのビートルが
現役で活躍しています。
先日来日した世界で一番貧しい大統領だった
ウルグアイのムヒカ前大統領も愛用していたこのビートル。

 

 

 

 

そして、ダイビング終了。
最後はロープをつたって海面へ。

 

 

 

船に戻るとどっと疲れました。emoji636.gif
船に揺られ遠くをボーッと見つめながら思い出す
海底のサンゴ礁の花が今でも心に咲いています。emoji183.gif

 

 

IMG_0017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ