ジンベイザメ シュノーケリングツアー あなたに逢いたくて、夏の日の2016 - メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコトラベルファクトリーブログ メキシコトラベルファクトリー
トップ> メキシコトラベルファクトリー ブログ

ジンベイザメ シュノーケリングツアー あなたに逢いたくて、夏の日の2016

Happy Tanabata!!icon_lol.gif

こんにちは、コルチョネーロです。

 

そう、今日は七夕。emoji61.gif

 

織姫と彦星が一年に一度会えるこの日に、

 

あなたは誰と会いたいですか?

 

私?

 

 

私はジンベイに会いたいです!!emoji199.gif

 

JINBEI

 

 

 

と言う事で、

 

ジンベイザメシュノーケリングツアーに参加してきました!emoji200.gif

 

私が参加したのは英語ガイドのツアー。emoji186.gif

 

タオルと水着と着替えを持って、

まず、カンクンのダウンタウン近くの港、プエルト・フアレスから

程近いALL RITMOというホテルに隣接している

HACIENDA DEL MARと言うジンベイザメシュノーケリングツアーの

催行会社に向かいます。emoji116.gif

 

IMG_2242

 

 

 

通常はホテルに送迎車がお向かいにあがります。emoji59.gif

 

朝早くの集合という事で、少し眠いですが、emoji151.gif

 

建物の中を通過して、港を目の前に左に進むと

 

ありました、チェックインカウンター。

 

既にかなりのお客様がいらっしゃいました。

 

 

IMG_2253

 

 

受付を済ますと紙でできた

 

カンクンではお馴染みのリストバンドを付けてもらいます。

 

このリストバンドの色でグループ分けされています。

 

IMG_2260

 

 

チェックインカウンターの目の前に、

 

ウェットスーツをレンタルする場所があります。

 

 

IMG_2251

 

 

 

ここのウェットスーツはナショナル グラフィックのマークがついていて、

 

 

何か、カッコいい!!icon_cool.gif

 

 

というのもこのツアーの催行会社は

 

ナショナルグラフィックの調査に協力している為、

 

名称の使用の許可が下りているそうです。

 

 

こちらは別途料金で12ドルでレンタルできます。emoji210.gif

 

ウェットスーツは強制ではなく、

 

ウェットスーツもしくはライフジャケット(こちらは無料)を着用する事。

 

また、日焼け止めも環境にやさしいBIODEGRADABLE のものしか使用できません。emoji149.gif

 

ちなみに環境にやさしい日焼け止めはここ、HACIENDA DEL MARでも

 

13ドルで販売しております。emoji209.gif

 

 

 

IMG_2250

 

 

ウェットスーツも受け取り、はやる気持ちを抑え、

 

出発まで時間があるので、

 

無料で提供している軽食とパイナップルジュースで腹ごしらえ。emoji187.gif

 

IMG_2257

 

 

船に酔う方もいるので、あまり食べ過ぎないように気をつけてください。

 

 

ロッカーはありませんが、船内に荷物を保管する場所があるので心配いりません。

 

モーマンタイ!emoji203.gif

 

 

 

 

 

7:40係員による説明が始まります。

 

 

IMG_2261

 

 

そこでこのツアーに参加するにあたり注意事項を説明されます。emoji150.gif

 

 

大事なルールとして、ジンベイザメには触れない事!!

 

 

理由としては、まずジンベイザメ保護の為、

そして触れる事でジンベイザメを驚かせ、

急にターンをして尾ビレが他のお客様に当たる危険があること。

そして最も重要な事として、ジンベイザメが触れる事で怖がらせ、

海底に潜ってしまい、一度海底に潜ったジンベイザメは2度と姿を現せないため。emoji205.gif

 

 

 

ジンベイザメの説明もされます。

 

 

まず、昨日はたくさん見る事ができた、と。

 

大体そういう説明がある時は

 

今日はあまり見れないというフラグじゃないのかと、

 

勝手に思い込み、若干の苛立ち。emoji636.gif

 

 

ジンベイザメは馬の様に目が離れている為、手前2メートルが見えない。

ジンベイザメの目は人間より10倍も敏感な為、

午後の強い日差しを嫌い中々姿を現せない為に朝早くの出発になるとの事。

ここ、カンクンで見るジンベイザメは体長が8~12メートル。

近くで泳ぐ時に尾ビレに当たらないように気をつける事。

船酔いしやすい人は下を見ない事。

帰りの時間は状況に応じて13時から15時ぐらい。

船内では食事と飲み物が用意されている事。emoji205.gif

 

 

色々と説明されますが頭の中では、

 

未来玲可-海とあなたの物語(TKプロデュース)がヘビロテして、

 

右から来たものを左へ受け流してます。emoji201.gif

 

 

 

 

説明も終わり、リストバンドの色で呼ばれるので、

 

該当する色が言われたら、その人について行ってください。emoji78.gif

 

グループ分けされますが、最大で10名。

 

 

 

今日の私の担当は、ガイドのアンヘルさんと船長のアドさん。emoji581.gif

 

 

 

IMG_2283

 

 

船の名前はウラカン。

 

船は似ているものが多いので名前も覚えくださいとの事。

 

 

 

8:00出港。emoji246.gif

 

 

船内のロッカーに荷物を入れて、

 

フィンとシュノーケリングセットを渡されます。emoji653.gif

 

IMG_2267

 

 

移動中は何処を見ても

 

 

IMG_2268

 

 

IMG_2270

 

 

海、海、海。

 

 

約1時間30分でポイントに到着。emoji85.gif

 

大海原に不自然に船が集まっているので、よーく目を凝らすと。

 

 

いるいる!!emoji25.gif

 

 

IMG_2277

 

 

いきなり、こっちに来た!!icon_eek.gif

 

 

IMG_2276

 

 

 

事前にガイドさんから番号を伝えらるので、

 

その番号が呼ばれたら海に飛び込みます。emoji115.gif

 

 

ガイドさんはタイミングを計って呼んでくれるので、

 

自分の番の時はいつでも行けるように

 

フィンとゴーグルは付けておきましょう。emoji192.gif

 

 

実際に並んで泳ぐとその大きさに愕然とします。emoji633.gif

 

怖さはなくただ圧倒されます。

 

ジンベイザメのスピードは見た目より早いので、フィンを有効に使ってください。

 

 

当日はたくさん見る事が出来ました。emoji755.gif

 

10:30ジンベイザメとの夢の時間は終わり、イスラ・ムヘーレス島へ。emoji577.gif

 

 

 

 

11:45イスラ・ムヘーレス島に到着。

 

IMG_2281

 

 

マイケル・フェルプス並に泳ぎ、完全にガス欠。

 

燃えたよ…まっ白に…燃えつきた…まっ白な灰に…

 

PICT0030

 

 

 

力尽きたはずなのに、綺麗な海に誘われ、

 

浅瀬でシュノーケリング。emoji25.gif

 

たくさんの魚が見れ、また綺麗な景色に疲れが吹っ飛びます。emoji359.gif

 

 

 

ただ疲れは吹っ飛んでも、腹は空く!emoji286.gif

 

船に戻ると船長のアドさんが

 

メキシコを代表する魚介類のマリネのセビーチェを

 

作っているではないか!!emoji199.gif

 

12:30昼食は船舶した状態で船上で摂ります。

 

サンドイッチと船長お手製のセビーチェ、クラッカーとビスケットに飲み物がついて、

大満足。emoji634.gif

 

 

IMG_2280

 

13:00イスラ・ムヘーレス島を出発。

 

13:30 HACIENDA DEL MARの港に到着。

 

港にはシャワーとトイレがあります。emoji207.gifemoji224.gif

 

IMG_2285

IMG_2287

 

 

 

 

今朝チェックインの手続きをした所で、

 

ガイドさんがジンベイザメとのシュノーケリングの際に

 

撮影したビデオや写真を見る事ができ、

 

50ドルで購入する事ができます。emoji209.gif

 

50ドル支払うとSDカードにデータをダウンロードしてくれるので、

 

ご自身のパソコンでご覧ください。emoji100.gif

 

IMG_2288

 

 

 

あっという間の夢の時間。emoji183.gif

こんな体験は中々出来ません。

 

これからカンクンにお越しの方、

8月末までの期間限定なので、是非この貴重な体験をしてください。emoji200.gif

 

 

 

 


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ