エクバラン遺跡 遥かなる時の彼方へ - メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコトラベルファクトリーブログ メキシコトラベルファクトリー
トップ> メキシコトラベルファクトリー ブログ

エクバラン遺跡 遥かなる時の彼方へ

こんにちは、コルチョネーロです。emoji4.gif

 

今日の不思議の舞台はカリブ海に浮かぶ、ユカタン半島。

 

 

 

23[1]

 

 

 

この楽園の様な場所には多くのミステリーが存在します。emoji179.gif

 

 

かつてこのユカタン半島で

 

 

広大な自然と高度な天文学の知識を背景に繁栄していたマヤ文明。emoji86.gif

 

 

 

img_0[1]

 

 

 

メキシコ南部から中央アメリカにかけて2000年以上にわたって栄えた文明です。

 

そんなマヤ文明の遺跡の中で近年発見されたのが、このエクバラン遺跡。

 

 

 

IMG_4868

 

 

エクバランと言う名前はマヤの言葉で黒いジャガーの意味。emoji72.gif

 

紀元前3世紀頃に作られ、

 

7世紀から10世紀にかけて最盛期を迎えたと言われています。

 

このエクバラン遺跡には長い間マヤの人々によって隠され

 

大事に保管されていたものがあります。emoji287.gif

 

 

古代文明の謎を紐解く為、いざエクバランへ。emoji219.gif

 
まず、メキシコの最東端にあるカンクン。

 

 

cancunBeachFromHyatt[1]

 

 

 

ここは一年中常夏のリゾート地で1月になっても気温が30度近くまであがり、

 

初夏を思わせるような陽気です。emoji60.gif
ココ、カンクンから車で180キロ、エクバラン遺跡に向かいたいと思います。

 

 

 

IMG_4835

 

 

 

道中、ジャングルの中に作られた高速道路を通って行きますが、

 

こんなまっすぐな一本道、中々日本ではお目にかかれません。emoji117.gif

 

 

 

IMG_4833

 

約2時間かけて遺跡に到着。

 

すると入り口には石碑があります。emoji149.gif

 

 

IMG_4839

 

さて、ファーストミステリーはこの石碑から。

 

エクバランの 名前と共に描かれているこの絵。

 

 

一体何の意味があるでしょうか?emoji200.gif

 

 

 
マヤ文明は複雑な絵文字を使っていました。

様々な石碑や建造物、木の皮でできた書物に今も見ることができます。

しかし、絵文字が一体何を意味しているのかは長い間謎に包まれていました。

何のシンボルなのかも、どんな言語で書かれたのかも、わかっていませんでした。

200年近くに渡り様々な人がマヤ文字の解読に情熱を注いできました。

16世紀、スペインはアメリカ大陸に進出すると、マヤ文明を破壊していきました。

目的は マヤの人々をカトリックに改宗させる為でした。

キリスト教の宣教師はマヤの書物を悪魔の道具とみなし、燃やしてしまいます。

この破壊行為から難を逃れ、後世に残った書物は世界にたった4冊。

スペイン人はマヤ人にアルファベットを強制的に習わせた為、

スペインによる征服後、マヤ文字の読み書きできる者はいなくなってしまいました。

こうして滅ぼされたマヤ文字を再び読めるようなるには数百年の歳月が必要でした。emoji71.gif

他のマヤ遺跡と違い観光客が少なく、秘境に来た感じを受けます。emoji116.gif

 

 

 

IMG_4847

 

 

こちらがエクバランの地図。emoji149.gif

 

 

IMG_4850

 

 

3つの壁に囲まれているのがわかります。

 

防壁として作られたこの壁、1番外側の壁の外側に一般人が住んでいて、

 

1番中の壁の内側に王様が住んでいたと言われいます。

 

当時エクバランに住んでいたマヤの人々が物資の運搬の為に使用していたと言われる

 

と言う道を通って行くと、エクバランの正門に到着。

 

 

 

IMG_4851

 

 

 

ただこの正門変わった作りになっています。

 

こういった物は一体何の為に作られたのでしょうか?emoji200.gif

 

 

 

201602112305248e9s[1]

 

 

 

 

 

 

遺跡の中には、

 

天文台と言われている建物や球戯場、

 

そして何と言っても、ピラミッドに登れちゃうんです。emoji150.gif

 

 

 

IMG_4877

 

 

 

そのピラミッドには、長い間マヤの人々が隠し大事に保存していたものがあります。

 

2000年に偶然発見されたこの装飾品。

 

 

 

IMG_4881

 

 

 

長い間隠されていただけあって保存状態がかなりいいです。

 

急な斜面を一生懸命登ると、その先には素晴らしい絶景が待っています。

 

 

 

 

IMG_4880

 

 

IMG_4884

 

 

 

 

 

 

ラストミステリーは、

 

天文台と呼ばれているこちらの建物から。

 

 

IMG_4869

 

 

 

 

蛇がとぐろを巻くような形をしているこちらの建物。

 

頂上付近にはこのようなものが置かれています。

 

 

 

IMG_4863

 

 

コレはいったい何の為におかれているのでしょうか?emoji200.gif

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ謎が多く、発見されていないものが多くあるこのエクバラン。emoji71.gif

 

もしかしたら、皆さんがお越しになるまでに驚きの発見がされているかもしれません。emoji285.gif

 

 

 

後はマーフィー岡田さんじゃないけど、

 

勇気と努力と決断力

 

 

 

お待ちしております。

 

 

 


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ