ちょっと一味違うセノーテ! - メキシコトラベルファクトリー ブログ

メキシコトラベルファクトリーブログ メキシコトラベルファクトリー
トップ> メキシコトラベルファクトリー ブログ

ちょっと一味違うセノーテ!

最近よくブログに現れる、お馴染みのSHOGOですicon_cool.gif

 

今日のブログの内容は、うちで扱っているツアーではないですが、泳ぐのが楽しいセノーテの紹介ですemoji221.gif

 

そのセノーテの名前は「Casa Cenote(カサ・セノーテ)」emoji341.gif

カンクンのホテルゾーンからは、車で1時間20分ほど。

バスなどを使用すると、2時間+メインの道路から歩いて30分ぐらいです。。。

公共交通手段では、少々不便ですがemoji636.gif

サイト、場所によっては「セノーテ・マナティ」とも呼ばれていますが、どちらも同じセノーテです。

Casaは日本語にすると「家」という意味ですが、どこから取ったんだろうemoji634.gif

セノーテ・マナティのほうがしっくりくるというか、、、

マナティが生息してそうな、以前はいたかのような地形をしているのでicon_rolleyes.gificon_rolleyes.gif

 

 

入場料は150ペソです。(日本円にして800円くらい)

スノーケルセット、フィンも別料金です。 (私は持参したので利用しませんでした)

 

 

入り口の写真はこちらですemoji20.gifemoji585.gif

 

あれあれ??  なんかイメージとちゃうやん??icon_eek.gif

 

それもそう、ここは海と隣り合っている場所なので、「セノーテ」というよりは「ラグーン」に近いです。

 

でも水は淡水と海水が混じっていて、少々塩っぽいし流れもあります。

 

水中ではどこかのセノーテと繋がっているのでしょうemoji149.gifemoji149.gif

 

でもマングローブの川の間を泳いでいるようで、とても面白い場所ですemoji112.gif

 

 

海水も混ざっているのでほんとに少し浮遊物はありますが、透明度は良好ですemoji317.gifemoji317.gif

 

 

40m程先もキレイに見えます!!

奥には体験ダイビングをしている人たち。

写真の右側にいる魚は、ホワイトマレットという海水に生息する魚emoji290.gif

となると、海水も混じりながらのこの透明度は、なかなかですemoji576.gif

 

 

脇に見えるのはマングローブの根の部分。

水底は砂地と結構大きめな岩。

おそらくこの岩は、以前地面だったものが滑落した跡ですねicon_idea.gif

 

 

所々かなりマングローブがかなり育っているところもあるので、こんな幻想的な場所もemoji202.gif

癒されますね! マイナスイオンを感じますemoji3.gif

 

 

ちょっとした光のカーテンもみれますよemoji4.gif

 

 

素潜りしてはいた泡写真を撮れば、このような写真も撮れますemoji285.gif

 

 

本当はフィッシュアイレンズ(魚眼レンズ)を使って撮るともっといい写真!!

私の技術と器材不足emoji201.gif

 

 

ちょっと冒険への入り口のようなicon_lol.gif

 

 

あれ????????

ワニがいるemoji287.gif

え?? ワニ??

そういえば、「ワニがいます」的な看板があったemoji635.gif

 

でも大丈夫、よほど近づかない限りは襲われませんemoji636.gif

 

 

水面から自分の影を撮りつつ、水の波紋もicon_cool.gif

 

 

ピントあってないですがemoji204.gif

頑張って素潜りすれば、こんな場所もありますよemoji576.gifemoji576.gif

まさに光のカーテンemoji8.gif

 

とこんな感じのセノーテです!!

 

泳いでいた時間は1時間ぐらいでしたが、ちょうどいいかもですねemoji200.gif

少し流れもあるし、天然の流れるプールのような感じもあるし。

カヤックをレンタルすることもできるしemoji205.gif

体験ダイビングもできるしicon_redface.gif

 

たっぷりと遊べるセノーテ!!

 

帰りは借りた器材を忘れず返して帰りましょう。

(バスやタクシーで来た場合は、近くのタクシーを捕まえて、メイン道理まで行くのがお勧め)

 

もしセノーテスノーケルマニアでしたら、候補に入れてみてはいかがですか???emoji285.gif

 

ではでは。。

 

SHOGO

 

 

 

 

 

 


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ