2010 6月 - 大阪支店ブログ

トップ> 大阪支店ブログ

じめじめと梅雨が続きます。そしてトマト祭りへ

お久しぶりです。
秘境大好きっこです。
昨日のパラグアイ戦は非常に惜しかった!
何度も何度もピンチを潜り抜け、PKまでもつれ込んでの敗北!
悔しい! 後ちょっと、後ちょっとだった。
夢のベストエイト進出まで後ちょっとだった。
でも、強かった日本。今度のブラジル開催ではさらに上を狙ってほしい
頑張れ、日本!
さて、そんな日本、今は梅雨の時期。
じめじめとして逃げ出したくなるような時期になりました。
梅雨が明ければ待ちわびたサマー。
はじける陽気と、開放的な雰囲気。
そんなときこそ、祭りが熱い!
STW大阪支店では独自に
8/22出発6日間 20名限定 熱狂的に盛り上がるトマト祭り参加確約のツアーを展開しています!
<ブニョルのトマト祭(ラトマティーナ)参加付き! 20名様限定!>関西空港夜発!エジプト航空で行く!バルセロナ&トマト祭り 6日間
☆ひとりっぷ-1人参加追加代金込☆<ブニョルのトマト祭(ラトマティーナ)参加付き! 20名様限定!>バルセロナ&トマト祭り 6日間
【スーペリアクラスホテル利用】<ブニョルのトマト祭(ラトマティーナ)参加付き! 20名様限定!>エジプト航空で行く!バルセロナ&トマト祭り 6日間
8/25はトマトパラダイス!
世界の熱狂的祭りに参加して話のネタにももってこい!
早い者勝ち! 我先に急げ!

Filed under: スペイン — STWorld OSAKA 8:20 PM

おはようございます!!!
今日も暑いですね・・・・。
なんだかじめじめな天気が続きますが、気持ちはスカイブルーで行きましょう!!!
さてさて、昨日に続きウベア島無人島ツアーについて書きます。
どんなお魚やサンゴたちが見れるのかご案内致します♪♪
こんなところにニモが!!!!
イソギンチャクのおうちから覗いてます♪♪
かわいすぎ・・・・・
NOMO
お次はご家族で優雅に泳いでます。
素敵です・・・・・こんにちわ~☆☆
NOMO 1
その他のカラフルなお魚たちもかわいいです。
SAKANA.jpg
まさにワイルド&癒しの楽園です。
お問い合わせお待ちしております!!!!
それでは~♪♪

Filed under: ニューカレドニア — STWorld OSAKA 11:21 AM

★逞しいニューカレドニアの男達★

皆様
こんにちは~
ワールドカップは盛り上がってますね!!
昨夜はドイツ対イングランドの熱い戦いに見入ってました。
ドイツの守りは本当に素晴らしかったのですが、
イングランドの疑惑のゴールが気になりますね。。
審判は絶対だとは思いますが、ビデオ判定しても良いのではないかと思いました。
今日はニューカレドニアの素敵な過ごし方をご紹介します☆
ウベア島から日帰りで行ける無人島シュノーケリングツアーです。
世界遺産登録されているウベア島海域に浮かぶ正真正銘の無人島
(アネマッチ島、ゲ島)にご案内致します。
ウベア島の美しいラグーン内をクルージングしながら向かいます♪
イルカが生息地域のため運が良いとイルカの大群にも出会うことも☆
無人島ではその日に獲れたお魚などでバーベキューを召し上がって頂けます。
獲れたてのお魚は最高に美味しいですよね!!
お醤油は必須アイテムです。
手付かずのサンゴ礁に囲まれた無人島では思う存分シュノーケルや海水浴もお楽しみ頂けます。
↓↓↓お魚をこんなに獲ってくれます。
画像 1260
↓↓↓獲ったお魚をその場でさばいてくれます♪画像 1268
↓↓↓きれいな海を見ながら飲むビールは最高!!画像 1250
2009年から参加が可能となった幻のオプショナルツアーです。
まだまだ弊社と数社の会社しか販売できない独占のツアーとなっております☆
ワイルドなニューカレドニアのふとマッチョと素敵なひとときはいかがでしょうか。
最後に頑張れサムライ日本!!

Filed under: ニューカレドニア — STWorld OSAKA 12:46 PM

バリ島マラソンツアー発売しています!

今年も、10月にインドネシアのバリ島マラソンが行われます!
私は個人的にホノルルマラソンを何度か完走したこともある、マラソン好きなので、
バリマラソンにも興味があります!!
■バリ国際マラソン 参加ツアー■
バリマラソンは3つの種目があります。
ハーフマラソン
ヌサドゥア地区バリコレクションメインゲート前をスタート、約500m先の割れ門をくぐり、ングラ・ライ国道を一路北上。 ングラ・ライ銅像がある約10.55km地点を折り返した後、再び同じコース上を戻りペニンシュラアイランドでゴール。
10km
ヌサドゥア地区バリコレクションメインゲート前をスタート、ングラ・ライ国道を一路北上5km地点で折り返した後、再び同じコース上を戻りペニンシュラアイランド前でゴール。
5kmファンラン&ウォーク
ヌサドゥア地区バリコレクションメインゲート前をスタート、ングラ・ライ国道を一路北上2.5km地点で折り返した後、再び同じコース上を戻りペニンシュラアイランド前でゴール。
個人的には、ハーフに挑戦してみたいですが、体がなまっているので、トレーニングしないと大変なことになってしまいます、、、。
完走したときの爽快感や達成感、そして外国で走ることの気持ちよさは走った人にしかわかりません!!
健康にもとてもいいと思いますので、この機会に是非ご検討されてはいかがでしょうか。

Filed under: バリ島 — STWorld OSAKA 8:16 PM

W杯盛り上がりましたね!

デンマーク戦は白熱の試合でしたね!!
日本が3点も取ってくれて快勝できてホント感動ものです!!
ところで、話は変わりますが、私が担当している地域の中から、
今日は、クアラルンプール(マレーシアの首都です)のホテルをご紹介します!
立地重視&高級感重視&でも高すぎない価格を希望のお客様必見です!!
「グランドミレニアムホテル(旧リージェント)」です!
クアラルンプールのメインストリート、ブキッビンタン通りに面し、モノレールの駅から徒歩2分です。
最高の立地で贅沢な旅を楽しんでいただけます。
ミレニアム1
お部屋も40平米超ありますので広々快適です!
ミレニアム2
シティリゾートを存分にお楽しみ頂ければ幸いです。
クアラルンプール夜景

Filed under: マレーシア — STWorld OSAKA 9:30 PM

今日な何の日?! 6月24日 

100216_1351~01
こんにちわ。昨日に引き続き登場の猫太郎です。
今日は、昨日までの天気が信じられないくらい晴れてます!快晴です。
ニュースでは、鹿児島に豪雨が降っているとか雨続きですが、ここ大阪は久々に晴れました。
しかし、熱いです。夏がもうすぐそこまで来ている感じがします。
過去に起こった、6月24日を見てみましょう。
・壬申の乱始まる(672年)
・阿蘇山大爆発(1958)
・本州各地で集中豪雨。死者・行方不明者357人(1961)
・美空ひばりさん逝く(1989)
どれも暗いニュースですね~。
2010年6月24日には何かよい出来事が残るでしょうか?!
今日何と言ってもサッカーワールドカップというビッグイベントがあります。
とうとう日本×デンマークですね。運命の一戦、1次予選を突破できるかどうかの試合です。
普段、サッカーは”すぽると”のニュースだけしか見ていない猫太郎。
しかし、お祭り事は好きなのでもちろん日本代表応援してます!
1次リーグ突破をして、美空ひばりさんのニュースの下に、『サッカーワールドカップ 日本代表 1次予選突破(2010年)』とぜひ残ってほしいと思います!
ガンバレ 日本 !

Filed under: 大阪支店からのお知らせ — STWorld OSAKA 3:38 PM

猫太郎 もうすぐバリ島へ(里帰り)

100216_1351~01
こんにちわ!猫太郎です。久々の登場でございます。
明後日から、バリ島へ行きます!
日本生まれのバリ猫ですが、猫太郎にとっては故郷のようなものです。
今回はウブド、ウルワツ、スミニャックを中心に行こうかと思ってます。
その中でも今回の目玉は、”KELAPA” に行きます!クラパと読むそうです。
ジンバランより少し南にある、ニュークタビーチ/ドリームランドビーチにあるプールやビーチ、レストランがある施設です。昨年の春頃オープンしたそうです。
クタ周辺は並が高いですよね~。あまりビーチでのんびりという雰囲気ではないですよね。
ここには綺麗なビーチと、海に面して大きなインフィニティープール(後ろの景色の海に溶け込むようなデザイン)があるそうです。まだまだ情報が少なく、写真もないので私もまだ想像がつかない部分があります。
またご紹介いたしますね~!新たなバリ島の魅力のあるスポットになるかもしれません。

Filed under: バリ島 — STWorld OSAKA 7:52 PM

2010 ワールドカップ in 南アフリカ

待ちに待ったW杯が始まり連日の熱戦に寝不足気味です
昨日はTVの前に釘付けだった人も多いのではないでしょうか
私も友人と日本の勝利を信じ、応援していました
結果は… 0-1と残念でとても悔しいと結果となってしまいましたが
世界の強豪であるオランダとの試合はとってもエキサイティングでした
元々サッカーが大好きな私は日本の試合だけでなくどの試合も目が離せません。
母国の威信を懸け、勝利を目指しチーム一丸となって戦う選手達は本当に格好良い
一瞬たりとも目が離せません!!
オーストラリアの友人が母国を応援する為に南アフリカへ
GetAttachment.jpg
GetAttachmen.jpg
沢山の人達が母国を応援する為に集まるんですね。
私も生で見たかった
優勝候補と言われている、ドイツ・スペインが敗れ
注目の選手、C・ロナウド、カカも未だ本調子ではありません。
勝負の世界は何が起こるか分かりませんね。
世界最高のプレイが見れるW杯。
お気に入りの選手を見付けて応援するのも楽しいですね
個人的にはちょっと縁のある某選手を応援していますが
残念ながらまだ試合には出ていません
次戦、デンマーク戦での出場と日本の勝利を信じて
頑張れ、日本!!

Filed under: 大阪支店からのお知らせ — STWorld OSAKA 8:23 PM

スリランカ 楽園計画

スリランカの偉大な建築家、”Geoffrey Bawa” (ジェフリーバワ1919~2003)をご存知ですか?
日本ではあまり知られていませんが、トロピカルアーキテクチャーの第一人者であり、リゾートホテルの
最高 峰アマンリゾーツのエイドリアン・ゼッカー、アマンお抱えの建築家ケリーヒルにも多大な影響を
与えたと言われています。あのホライズンプールを生み出したことでも有名です。
ライトハウス
インド洋の先端を独り占めするかのような素晴らしい眺めのライトハウス
バワは、1919年イギリス統治下のセイロンでヨーロッパ系の裕福な家庭に生まれます。
19歳で渡英し、ケンブリッジで英文学を学び、弁護士としての道を歩み始めます。一度1946年にスリランカ
に戻り、その後長期の世界旅行に旅立ちます。旅行後、ベントタに理想郷を作ろうとしますが、自分の建築
知識のなさに気付き、再び渡英し、建築を学びます。彼が建築家としてスタートしたのは38歳でした。
その後2003年の84歳でなくなるまでの約40年間、彼はスリランカの自然、歴史、文化を現代建築に融合させ、
ホテル、公共施設、学校、住宅など精力的に活動を続けました。
カンダラマホテル
バワ建築の最高傑作といわれる山腹にひっそりかまえるカンダラマホテル
ネプチューンホテル
白と黒を基調としたモダンシンプルなバワのコンセプトをそのまま保っているネプチューンホテル
ベントタビーチホテル
オランダ植民地時代の砦の跡に建てられたベントタビーチホテル
一度バワ建築のホテルに滞在すれば、その素晴らしさを知らず知らずのうちに体感しています。スリランカ
今度のお休みは、スリランカ観光がてら、バワのホテルでゆっくりされるのはいかがですか?

Filed under: スリランカ — STWorld OSAKA 3:35 PM

アブダビ?モロッコ?

こんにちは! Yorkです。
本格的な梅雨に入り、うっとおしい!と思ったのもつかの間、
なんか、今日は大阪、いい天気ですね
先日、見に行ってきましたSATC2
海外ドラマ大好きで、フレンズやSATCはバイブルです。
(あっ!年がばれる??)
2年ぶりに見た4人はやっぱりゴージャスでした
で、今回そんな4人が向かうのは新しい中東と呼ばれるアブダビ
ゴージャズですよぉ。
何せ、ニューヨークから、ファーストクラスで
ホテルでは、一人に一人、執事さんがついちゃいます
砂漠でのピクニックランチにホテルステイ
設定がアブダビの大富豪(だっけ?)のお誘いで旅費はすべて大富豪さんもち...
うらやましい限りの旅行をします。
まぁ、私にはそんな旅行は出来ないので、気分だけでも味わっちゃいました
どこのホテルだろう??どこの飛行機だろう??と気になることも...
職業病でしょうか(^^ゞ)
映画では、その後がいろいろと...
ネタばれになっちゃうと困るので、気になる方は映画でお確かめを
アブダビといえば、私が初めて『外国』というものに触れたのはアブダビでした。
昔々、私の父が単身赴任していました。
家族で行くという話もあったそうですが、そこは、何十年も前の中東。
(何十年かはご想像にお任せします…)
私たちの学校とかの問題で単身赴任となりましたが、
時折、父から送られてくる写真を見ては、遠い『外国』に想いをはせておりました。
まぁ、写真のほとんどは砂しか写っていませんんでしたが(^^ゞ)
そんな父が最近のドバイをみて、
「昔は、4~5階建てのホテルが1件あるだけの砂漠だったのに...
アブダビの方がビルが立ち並ぶ砂漠だったのに…」
とびっくりしておりました。
まぁ、立ち並ぶといっても砂漠の中にビルがぽつぽつある感じだったそうですが...
私は「どっちにしても砂漠なんだぁ…」と突っ込みを入れつつも、
いつか、両親をつれて、アブダビに行きたいなぁなどと思っております。
そうそう、話は元に戻りますが、実はこのSATC2、撮影はモロッコだとか...
ゴージャスなホテルはMandarin Oriental Jnan Rahma, Marrakechで撮影されたそうです。
このホテル、今年OPEN予定なんだそうで、映画の中では鮮やかなファブリックがとても印象的でした

Filed under: ドバイ — STWorld OSAKA 10:38 AM

ページTOPへ