そうだ イタリア行こう(`・ω・)14 -ローマ お食事編- - STW 札幌大通支店ブログ

トップ> STW 札幌大通支店ブログ

そうだ イタリア行こう(`・ω・)14 -ローマ お食事編-

ボナセーラ!
皆さん、もう1月も下旬に突入ですね!
ヨーロッパは1月下旬~2月上旬が行き時★うっかりお休みが出来ちゃった!卒論出し終わったし暇!そんなそこのあなた!新千歳発のイタリアへのご旅行がお待ちしております。

イタリアとひとえにいっても地区は様々。ローマ、ミラノ、フィレンツェ、ベニス・・・はたまたシチリア、ナポリ等に足を伸ばすもよし、ボローニャ、パルマ等の美食の町ヘ足を伸ばすのもよし、滞在の可能性は無限大です。
そんなイタリア。ひとえにイタリアン、といっても実は地方によって結構違うものなんです!

今回はローマで実際食べてきた料理をご紹介します♪味は保障します(`・ω・)たぶん

①テルミニ駅チカのリストランテ
 
ローマ到着初日はもう夕方。この日は駅チカのリストランテで済ませて、、、と思い立って入ったお店ですが、観光客向けの割りに意外と前菜が美味しくあたりのお店だったのかも。ローマテルミニ駅の界隈だと日本語での呼び込みや、日本語メニューがおいてあるお店が多いので、言語にあまり自身のない方はそのあたりでまず様子見でご飯を召し上がるのも雰囲気をつかむひとつの手かもしれません!
あとやっぱりイタリア可愛い!って思ったのが、日本語メニューおいてあるお店そのほとんどの日本語がなんとなく伝わるんだけど明らかにおかしいってことですかね。。。そこはレバーでいいよ!っていうところを正直に内臓と訳してくれて若干げっそりしたりしなかったり。。。そんなイタリアが私は大好きです!

②オステリア デッラ アンジェロのディナーコース
体育会系のおじさんが経営しているオステリア。場所はバチカン市国のほう。25€(2010年12月時)の前菜、第一の皿、第二の皿、ドルチェのコースメニューディナーのあるお店です。前菜、主菜それぞれおじさんがいくつか説明してくれるものの中からチョイスして選べます。パスタも私が行った時は、アマトリチャーナ、カルボナーラ他何種類の中から選ばせていただいて、友達はアマトリチャーナ、私はカルボナーラでいや、ここほんとまじで美味しかったです!!!!是非皆さんも足運んでみてください。
ちなみにこのお店の可愛いところ。。。日本人はカルボナーラがお好き と書かれたTシャツを壁に展示してるところ。笑
だって日本のカルボナーラとイタリアのカルボナーラぜんぜん違うから!と心の中で言い訳をしつつカルボナーラをぱくりとしておりました。。。

①前菜 お豆のスープと田舎パンに何かわからないけどとりあえず美味しいペースト

②第一の皿 ローマ風肉団子/ポルペッティーネとサラダ

③第二の皿 カルボナーラ ぐへへ

④ドルチェ ビスコッティとデザートワイン

これで25€なら安いなぁと思ってしまうのは私だけですか?

③チャンピーニのタルトゥーフォ

いや、これも、ほんと、びっくりするくらい、美味しいです。
外はパリッとしたチョコレート、中は濃厚なチョコレートジェラート。そして中心部にはチェリー系のリキュールが・・・(´ω`)
確かこちらのお店はスペイン広場のあたりから結構近かったような、、、1号店と2号店があり、1号店はフランクなジェらテリア。2号店はシックで落ち着いたカフェになっておりどちらでもタルトゥーフォは食べられるようです。ローマにきたらやっぱりこれは是非!食べておかないと♪

④お惣菜パーティ!!

見てください!この馬鹿女!私ですが! この日、ちょうどクリスマスで激アツクリスチャンなイタリアの人たちってみんなお店閉めちゃうんですよ。いよいよレストランあいえないwうぇwってなったときにひらめいたのが、クリスチャンがダメならその他宗教で攻めればいいじゃない!と!!で、ホテルの近くにイスラム系のお惣菜屋さんがあったのでそこで好きなものを好きなだけ買ってみたんです。そしたらもうそこのお惣菜屋さんがほんとびっくりするくらい美味しくて!!ローマはリストランテやオステリアももちろんですがお惣菜屋さんも捨てたもんじゃないですよ♪♪確かケバブにラザニアにライスコロッケに・・・あととにかく色々食べましたが一人10€くらいで安く美味しくびっくりするくらいの満足感を与えてくれました★あ、ちなみにかぶってるのはサンタの帽子です!

他にもお肉屋さんのパニーノや、クリスマス市のnutella(イタリアのヘーゼルナッツペースト)たっぷりのお菓子と等など美味しいものたくさんあります!
是非皆さんも発掘してみてください!

それでは皆さん せーのっ ぴょんっ! 今ならお得にローマ+パリ!8日間限定の格安プランです♪
イタリアで美味しいご飯があなたをお待ちしています。うん、そうだ、よし、私もいい加減またイタリア行きたいです。

Filed under: イタリア — admin 22:38
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: