イギリスがちょっと好きになる! - STW 札幌大通支店ブログ

トップ> STW 札幌大通支店ブログ

イギリスがちょっと好きになる!

こんばんは。今日はエリザベス女王のお誕生日だそうですよ!
イギリスだと古くから1年のある日に生誕を祝う、という決まりごとになっているそうで誕生日だからといって、わー!とお祝いするわけではないそうです。
でもきっと王室大好きな国なので何かしらのお祝いとかはされているんでしょうね。


今年は女王戴冠60周年だそうで、6月に大々的なお祝いがなされるそうです。
wikipediaの若かりし少女時代の女王様の肖像画が天使すぎてびっくりしました。


そんなイギリス、今年はオリンピック開催地としても大いに賑わってます!
ロンドンの街中にはオメガ製のカウントダウンをする時計が設置されていたりなんだり。。。


そんなイギリスですが、アフタヌンティーは絶品だけど、ついてまわるのはご飯が美味しくない・・・というイメージ。
でも実は意外とそこまで美味しくなくないんですよ!!!
というわけで今回は何かと不憫なイギリス料理を紹介します♪

①フィッシュ&チップス
言わずと知れたイギリスといえばこれ!!な料理。タラ等の白身魚のフライと、付け合せはグリンピース。お好みで塩やビネガーをかけて召し上がってください。がっつりとした揚げ物なのになぜかそこまで胃がもたれる感じがしない、不思議な揚げ物です。

②ローストビーフのヨークシャープディング添え
元は日曜日に食べる食事だったそうです。濃い目のローストビーフに薄味のパイ、そしてグリンピース。これはなかなか美味しいです。あとはマッシュドポテトやにんじんのソテーがついたりするところもあるようです。基本的にイギリスのお料理の野菜といえばグリンピース。グリンピース嫌いな人はよけて食べましょ!

③ミートパイ
伝統的なイギリス料理のひとつだそうです。パイ生地の中にお肉を入れて焼き上げたものが現在のミートパイ。ピータラビットでお父さんがミートパイにされちゃったことは、トラウマの1つですね!ミートパイというフレーズを見るたびに思い出します。マグレガーさんガクブル


ピーターラビットといえば、皆さん、イギリスにはピーターラビットの舞台となった場所が存在します♪
それが、湖水地方とよばれる地方です。オプショナルツアーはこちらから★
ピーターラビット、私も全巻持ってます。もうあいつら可愛い!ベンジャミンバニーまじイケメン!途中までは!

久しぶりに全冊読みたくなってきちゃいました。
大人になって読み返すと色々と昔は気付かなかった部分とかあるんだなぁ、なんて思えそうです。

いまだと、たぶん皆さんが想像するだろう、ピーターラビットの翻訳者さんとその絵本とはまた違ったものになりますが、青空文庫でも気軽に読むことが出来ますので是非♪


新千歳発着ロンドンツアーはこちら★
お問い合わせおまちしてまっすー(・×・)


みずおち(・×・)

Filed under: ヨーロッパ — admin 22:44
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ