そうだ ポルトガル、行こう(*・ω・)2  リスボン・バイシャ地区編 - STW 札幌大通支店ブログ

トップ> STW 札幌大通支店ブログ

そうだ ポルトガル、行こう(*・ω・)2  リスボン・バイシャ地区編

皆さん ぼあのいちー(*・ω・)札幌市内ではついに初雪!
時節的に落ち葉舞う頃・・・なんていわれてますが、もう落ち葉通り越してガクブル震えの来る雪の季節がやってきました。
リスボンはこの時期最高気温が10~15度前後。
あったかーい^ω^ ちょっと肌寒いリスボンの冬。ホットワインが美味しい季節がやってきました。

今日からリスボンの良い所をいっぱい紹介していきまーす。

★ポルトガル/リスボンのここがすごい
1.街並みがどこをとっても可愛い!綺麗!
2.ご飯が魚貝ベースで日本人の口にめちゃめちゃ合う!
3.地中海!めっちゃ暑い!と見せかけて真夏でも実は意外と涼しい!
4.物価が安い!
書き出したらキリがないですね!どこを取っても素敵!
リスボンの街はいくつかの地区に分かれていますが、小さな街なので結構お散歩気分でどこでも回れます!
今日はそのうちの1つ、バイシャ地区を紹介します♪


★バイシャ地区
※リスボン観光地の中では一番の平地!?かも。レストラン、お土産屋さんがロシオ広場、という大きな広場から海へ延びる道沿いに軒を連ねている地区です♪
①サンタジュスタのエレベーター

リスボンに来たらやっぱりコレ!バイロ・アルト地区という高台地区との連絡橋ですが、今は観光客が展望台見たさに利用することが多いそうです。とってもレトロなエレベーターに揺られてたどり着いた先に広がるのは・・・(´ω`)青い空!オレンジの屋根!白い壁!もう求めてたヨーロッパです!

②ロシオ広場周辺

リスボン市内の移動のメインはやっぱり路面電車!!!!街中のいたるところを黄色くて可愛いレトロな電車が走ってます!見つけたら即写真!!また、この周辺は観光客向けのレストランも多く英語の看板を掲げてお昼のプレートメニューを提供しているお店が多いようです。中には日本語メニューがあるところも、、、

③オススメレストラン【バレアル】

ロシオ駅近くのシフードレストラン。ガイドブックにも載っているのでさして期待していかなかったのですが、意外とこのお店地元の人が多い!旅行先の法則「地元の人が多いレストランは、美味しい!!!」にピッタリあてはまるー!席に着くと英語のメニューとお通しがいくつか置かれて食べたいのだけ食べて。後の下げるから的な感じで生ハムやら、タコやらをわさわさと置かれます。今回は、タコをいただくことに。。。。
店内は右側の写真、こんな感じです。ちょっと薄暗くてガランとしてますが、私達が入店したのが18時頃、食べオワリの20時頃にはジモティーだらけてがやがや賑わってました。

お通しのタコのマリネ的な何かと、魚貝のリゾットー!!!もう、とっっっっても美味しいです。あまりの美味っぷりにぷぎゃー!!!となりました。かなり量が多めなので日本人はリゾット系は1品で十分な気がします。

③カステイラ日葡食べ比べ!

この近辺で忘れちゃいけないのがポルトガル×日本!カステイラ対決です!ロシオ広場から海側へ下っていった先でぶつかる大通沿いにある「カステラ・ド・パウロ」というお店。日本語でパウロのカステラ的な表記がひときわ目を引きます!入り口は結構小さめなので逆に道反対側から見たほうがわかりやすいかも。店内はレトロで落ち着く印象のインテリアです。日本人の方がいらっしゃるので久しぶりのつつがない日本語でのやり取りにほっとしつつ、ポルトガルのカステラと日本のカステラ食べ比べセットを賞味!!

焼きか生のポルトガル風カステラと、日本のカステラの食べ比べセットがやっぱりオススメ!お菓子だけを買いに来る地元のお母さんや、マダムたちが楽しくティータイムを楽しんでいたりと地元の人にも人気なお店なようです♪カステラをお茶請けに、夏場は麦茶も出してくれるそうですよー!

うあああああやっぱりリスボン、イケメンすぎて1回じゃ語りつくせません!!!!というわけで、他地区は次回に持越しですー。


さあ、皆さん次回の旅行は、やっぱリスボン

Filed under: ポルトガル,ヨーロッパ — admin 21:17
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページTOPへ