2011 8月 - STW 札幌大通支店ブログ

トップ> STW 札幌大通支店ブログ

そうだカンボジア行こうヾ(*・ё・)ノ=зごっ

カンボジア旅行いよいよ最終日です(^ω^)
最終日はテンションMAXのタ・プロムと、トンレサップ湖クルーズ、大きな顔の例のあれ、アンコール・トムの鑑賞です。

●タ・プロム●
 
普通重要文化財って、ガタが来たら後生大事に修復をしますよね。でもこのタ・プロムは違うんだそうです。
元々ジャングルだった所に人が入ってきて栄華を極めた場所。そして人が離れた遺跡を木々が破壊していっているとか…。その浸食を防ぐ防がないで今なにやらユネスコさんのほうでも話し合いが行われているとかなんとか。そのため、この遺跡はいずれは自然の力の前になすすべなく埋もれていく遺跡だといわれています。

ここもベンメリアと同じく比較的ジャングルの中といった感じなので、お日様からの直接攻撃を受けない遺跡なので過ごしやすいし、テンションあがるしで、ベンメリアと並ぶ個人的オススメナンバー1★まさに失われた文明、そんな印象をうける遺跡です。
まぁ、ちょっと感慨にふけっていた矢先、木々の根っこの合間から顔を出して写真を撮れるときいた瞬間先ほどまでの悠久の歴史を思う気持ちはどこかに吹っ飛んで、きゃっほおおおぉぉぉぉおおい!!!!!とテンションMAXになってしまったのは今となっては良い思いでです。


●トンレサップ湖クルーズ●
シェムリアップから車で移動。街中を出るとすぐに高床式の村々が道路沿いに見受けられます。茅葺っぽい簡素なものだったり、木製のカラーリングの・・・豊かな、昔の日本で言うところの豪族なんかが住んでいそうなお屋敷チックな高床式などなど・・・。観光客相手なのか地元民相手なのかは定かではないのですが露店を各家々が開いている、そんな感じの道がしばらく続くので、こうした郊外への移動の際、外を眺めてみるのも新鮮です。
 
そしてトンレサップ湖到着。日本人とわかるとカワイイー、キレイー、アイシテルーと口説きにかかる船頭のお兄さん方にちやほやされつつ、いざ乗船です!ガイドさんいわく、ここでとれる魚はまじ栄養たっぷりでちょう美味しいんだよ。とのこと。でも日本人みたい生食べない。日本人この湖の水飲むとおなかこわすから絶対飲んじゃだめだよ。という湖だそです。スケールの大きいジャングルクルーズって感じです。ガイドさんのお話に考えさせられることもとても多いカンボジアですが、ここでは一番シビアなお話を聞かせてくれました。漁や観光客相手のお土産販売で生計を立てているのだそうですが・・・ばななー1ドルー、じゅうす1ドルーと販売している子供たちの1ドルと、私たち日本人の1ドルにはどれほどの価値観の違いがあるんだろう・・・とかなんとか少しだけもやっとした気持ちにもさせられた場所です。
 
でも楽しそうに笑ってるんですよね。だから、よしとしときます。


あれアンコールトムまで行こうかと思ってたんですが・・・。
長くなってきちゃったので今回はこのあたりで!


次回アンコールトムとアプサラダンスショーについて語ってカンボジア編は完結です★


新千歳発カンボジア行きのツアーはこちら

Filed under: アジアシティ — admin 21:15

そうだカンボジア行こうヾ(*・ё・)ノ=зよんっ

●アンコールワット●
個人的に一生に一度は見たい世界遺産ランキング上位のこの遺跡!工事中の緑色のシートが玉にキズですが…やっぱり圧巻です。アンコール遺跡群をいくつか見て回った後でもなおその規模の大きさ荘厳さには息をのむほどです。
 
 内部見学中はわりとひんやりとしているので過ごしやすいですが外はやっぱり暑い!水分をしっかりとるのを忘れずに…。やっぱりたくさん汗をかくせいか水がいくらあっても足りない!他遺跡同様、油断せず帽子かぶって楽しみましょう。

●オールドマーケット●
ごめんなさい!写真とるの忘れますた
The東南アジア!って感じのナンプラー等さまざま入り混じった香り(´ω`)苦手だっていう人もいますが私結構好きだったりします。
観光客向けのお店だったり、お肉やらお魚やらを売るお店だったり、はたまた簡単なイートインのようなお店があったり…。さまざまなお店が所狭しと軒を連ねています。
最初はお値段高めにふっかけてくれるんですが(笑)、値切ってみると面白いくらい値下げてくれますので是非値切ってみましょう!
ストールを自分用に2枚、お土産用に3,4枚。可愛いゾウさんのアロマキャンドル、シュールな1$アンコールワットTシャツ様々購入しちゃいました★ばらまき土産には最適です♪

カンボジアで何をのむ?●

アンコールビール!!
いやぁ暑い日にキンキンに冷えたビール…。最高ですよね。というわけでカンボジアでのビール最高でした!夜は節約で1瓶半分こ❤

未成年の方やお酒が飲めないそんな方は、フレッシュジュースなんてどうでしょう?昼食のレストランで注文したスイカジュースも絶品❤

次回はいよいよ最終日4日目タ・プロム、アンコール・トム観光をご案内します!

新千歳発、カンボジアツアーはこちら

Filed under: アジアシティ — admin 23:20

そうだカンボジア行こうヾ(*・ё・)ノ=зさんっ

カンボジアもいよいよ3日目です!

●朝日観賞●
アンコールワットといえばやっぱり朝日観賞、ですよね。
例にもれず早朝眠い目をこすりながら行ってきました!

 
 

時間を追って日が昇るまでは大体こんな感じです。比較的に晴れているとのガイドさんのお言葉。本当に快晴ならもっともっとキレイなんだケドネーだそうで。
惜しかったです。(´・ω・)
でも十分綺麗に見れたのでよしとしときます。


●オススメお土産●

朝日が昇り切る頃にはアンコールワット遺跡周辺のお土産店も軒並み開店しはじめるので、ちょっとお土産見たりなんかもできちゃいます。
少し時間が出来たので、周囲のお店でマキシワンピ3着を購入★
1枚5ドルくらいで購入しちゃいました♪日本ではないようなエキゾチックな柄のものがたくさん!友達へのお土産にもいかがでしょうか?大体柄は写真にある感じの結構派手派手なのが多かったです。そして南国なので生地は薄め!真夏の普段着でヘビーローテーションです!

●あさごはん●
 
朝食後の観光に備えて朝からモリモリ!私が泊まったホテルはビュッフェ形式だったので、朝からガッツリ食べて力を蓄えました!


●ベンメリア●
 
ラピュタのモデルになったという遺跡です。今にも崩れそうな遺跡ですが木がその崩壊をとどめているのだだそうです。
カンボジアで色々な遺跡を見ましたが私の中の不動のナンバー1が、このベンメリアです。
まるでタイムスリップしたような、どこぞのRPGの世界に入ってしまったような、そんな別世界が広がってる場所です。 
木が多い茂っているので直射日光の炎天下でないため過ごしやすい遺跡です。笑
遺跡の中を現地の子供たちが行ったり来たり。カメラを向ければ楽しそうに笑ってパシャリとおさまってくれました。笑
学校がお休みのときは遺跡に子供たちがたくさんいるんだとガイドさんが教えてくれました。

その後おひるごはんを食べて、小一時間のお昼休み休憩。
いよいよアンコールワット突入です!

ちょっと長くなってきたのでまたアンコールワットは次回ご紹介します♪


札幌発、カンボジアツアーはこちら

Filed under: アジアシティ — admin 22:50

ページTOPへ